« 歳末助け合い | Main | 一番の親孝行って »

ガスファンヒーター

結婚と同時に買ったガスファンヒーター。
当時一番高いもので、空気清浄機能つき。
この冬、つけると、数分後にフィルター掃除のランプが点滅して、切れてしまう。

で、思い切って、裏をはずして、掃除してみた。
1時間半。。。ほこりのでるでる。12年分ですから(^_^;)
で、元通り、、、やはり同じ。

夫の携帯にメールして、「掃除しても駄目だ~」
返事、「メーカーに電話してみれば」いや、そういう返事がほしかったわけでは(-_-;)
ま~、メーカーに電話する。「燃焼部の分解掃除が必要です」
燃焼部は安全のためか、ちょっとはずせないようになっている。。。
「おいくらくらい?」「13000円ほど」「・・・・・・」
「12年使ったんですけど、、、」
「あ~、それじゃ~、分解掃除しても数ヵ月後にほかが壊れたりという可能性は高いですね~」
「修理するかどうか相談して、必要ならまた電話します」

夫に電話。「分解掃除13000円だって、、、12年ものだし」
「12年。そんなに使ったか!安いのが買えるよな~粗大ごみ代もかかるな~」
「じゃ~、新しいの買いに行くよ!」ダッシュで、粗大ごみを申し込み(へたをしたら年内捨てられないでしょう?)
外へ。ふえ~ん、寒いよ~、ついこのあいだ、25度で暑かったのはどこだ~(-"-)と悪態つきながら、駅へ。

ビックカメラで、ガスファンヒーターコーナー、、すぐ店員が「御説明しますか(^_^.)」
除菌イオンつきってのまであるよ~結局、今までのとほぼ同等のを買う。
12年前より小さくなって、値段も半分くらい。。。(@_@;)「エネルギー効率もいいですよ~」だって。
送料が、タクシー代と大差ないので、もって帰ることに。

暖かいよ~(*^_^*)小さいよ~

これで、結婚で買った家電は、すべて入れ替わったことに。。。
今月の21日は、入籍した日なんだ(^_^.)感慨深いです~
(こたつは、結婚前に私が買ったし、使ってないから壊れない(^_^.)それだけだな~古いままは。

|

« 歳末助け合い | Main | 一番の親孝行って »

Comments

がらっと代わりましたね!いいですねー。和風だー(^^)
12年は素晴らしいです!今は、電化製品もどんどんいいのがでて。新しいヒーター、楽しんでくださいねー(^^)
それから、結婚記念日おめでとうございます!何か特別にするのかな?(^^)

Posted by: たいにー | December 10, 2004 at 09:54 PM

変わったのね~、い~な~。
で、さっきトップへ行って、
私も変えてみた、またもやアレです。
この頃の色の好みはなんだか臙脂系です。

うちの電化製品何か残ってるかな。
もう16年半、やっぱり使ってない扇風機かな、
使ってない(^-^;アイロンとか。
夫の持ってきたTVは画面かすんでるけど一応まだ捨ててないわ。

Posted by: ありのみ | December 10, 2004 at 10:18 PM

わー!違うHPに来たのかと思ってしまったー!
すごい、こんなのあるんですね。

12年使ってもらえば、ヒーターも本望でしょうね(*^^*)。
我が家は、テレビもビデオも冷蔵庫も掃除機も、壊れて買い換えたから、結婚以来残っているのは
洗濯機と使用頻度の低いアイロン(^^;くらいかなー。
そーだ、ウチも粗大ごみの申し込みしなくちゃ。

Posted by: つー | December 11, 2004 at 01:29 AM

はい、ココログの新サービスを使って、
壁紙を選択してみました。(*^_^*)
色合いが好き。

ファンヒーターは、すぐ暖かくなって、
エアコン要らず(少しは使いますが)。
ま~、いい買い物したと思う>12年前

入籍日は、何もしないです>たいにーさん
クリスマス近いし、お正月明けに結婚式をした日のほうが、
なにかするかな?>夫しだい

そうだ、扇風機も私が、独身の頃から使っている奴があるんだ。
あれ、4半世紀近いよ~(^_^;)

今月の家電にぶっこんでいる金額ったら(@_@;)
いるものはいるんだ~仕方ない(__)

Posted by: ネコの目 | December 11, 2004 at 10:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/2221679

Listed below are links to weblogs that reference ガスファンヒーター:

« 歳末助け合い | Main | 一番の親孝行って »