« 冬の輪舞 | Main | 本当にいい加減にして欲しい »

通級学級「学習発表会」

娘の通級の土曜日は、発表会でした。
1名欠席で、娘も朝スムーズで、夫と学校へ。
(朝、送っていかないといけないのです)
10時から発表会で、子供たちは1時間ほどリハーサル。

10時に学校へ行くと、はじまったところでした。
10数人の子供たちが、それぞれに、
縄跳び100回だったり、詩の朗読だったり、
作文を読んだりと、自分の苦手なことをやり遂げていくのでした。

娘は案外スムーズに出来てほっとしました。
みまわせば、どの子も、娘に似ているな~
とおもいました。不器用で、苦手意識があって、
等々。。娘の居場所は、やはりここだな~と、
しみじみとおもいました。
普通教室よりは、格段に低いハードルですが、
精一杯がんばる子供たちに、父兄も先生もまなざしが暖かいのですね~
娘の担任も休日返上できてくれて、
「がんばっているわね~」と声をかけていただきました。
校長が、最後に合奏した「栄光への架橋」にかけて
「一人一人の胸に見えない金メダルを差し上げたいと思います」
といいまして、いつもは話の長い校長だけど、
たまには、短く解かりやすいいい言葉をくれるな~と
ちょっと感動いたしました。

|

« 冬の輪舞 | Main | 本当にいい加減にして欲しい »

Comments

担任の先生も来てくれたなんて、うれしいですね。そんな子供たちの姿は、どんどん先生方に見てもらえたらいいのに。
ひとりずつ、その子の課題をクリアしていくことって大事だよね~。
できることとできないことは、ひとりずつ違うわけだし。
うちは中学を出たら行くところあるんだろうか?
最近、そんなことを考えてはため息ついたりしています。

Posted by: プラム | March 07, 2005 at 11:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/3198129

Listed below are links to weblogs that reference 通級学級「学習発表会」:

« 冬の輪舞 | Main | 本当にいい加減にして欲しい »