« 自分にあまい | Main | いそがしい~ »

読み聞かせ

図書ボランティアの仕事のひとつ、読み聞かせをした。

前日、打ち合わせがあり、担当の1年生が、
「今年は、ヒドイ。落ち着きがなさ過ぎる。担任も投げているし」と一人がいい、
「あら、一年の一学期は、そんなものじゃない?」
「いいえ、今年は特別、ヒドイ!」と。他にも賛同する方がいて、
「ひぇ~、心配になってきた(T-T)」と、私。
「うん、明日、手伝うから(^_^;)」と、私に図書ボラをすすめたれおの同級生のお母さんが。
「6年がいると、あの子達おとなしいのよ。だから、6年に頼みましょう」

「手ぶくろを買いに」新実南吉と「あな」谷川俊太郎を図書室から借り、
自宅で、音読していると、れおが寄ってきて横になって聞いている。
「一年にはむずかしいよ~。さわぐよ~、きっと」
「あら、これは読み聞かせの1年のリストの中にある本なのよ。
あなたたちは、保育園の頃、読んであげたじゃない」
(実は、うちにあったのだが、増え続ける本に、
絵本は、ほとんど児童館に寄付してしまった)

夕食後、二回目の練習をしていると、まひるがよってきて、
しみじみと聞いていた。この子達もまだ、読んでもらうの好きなんだ(*^_^*)
(自分の本読むの忙しいので、子供への読み聞かせは、
保育園終了と同時に卒業したもんで(^_^;)

で、どきどきの読み聞かせの時間。
朝、まひるをせかしにせかし、なんとか8時半前に着く。
なんだか落ち着かず騒ぐ子の中に、同じマンションの子を発見。
れおになついていて、小さい頃から、
「れおおにいちゃん、れおおにいちゃんのおかあさん」とよんでくれる子だ。
抱きついてきたので、頭をなでながら、
「ご本読むから、ちゃんと聞いてね(*^_^*)」と。

最初の二ページくらいは、走り回る子、数人(ーー;)
静寂とは言いがたい感じでしたが、次第に落ち着いて、
最後まで走っている子は一人となりました(^_^;)
「てぶくろをかいに」読み終わっても、3分ほどあったので、
「短いのもう一冊用意してあるけど、読む?」って聞くと
「読んでください~!」と何人もが言ってくれたので、
「あな」も読みました。

で、一年36人を落ち着かせるのに、6年生4人(めんどうをみる当番がある)
図書ボラ3人、TT、と見守ってもらいました~(^_^;)
二学期には、もうちょっと落ち着いてくれるかな?

|

« 自分にあまい | Main | いそがしい~ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/4603290

Listed below are links to weblogs that reference 読み聞かせ:

« 自分にあまい | Main | いそがしい~ »