« 日々無事、これ名馬 | Main | 三連休 »

草市・盆踊り

12日火曜より、14日木曜まで三日間、
月島では草市がありました。
盆用品の買出しの市が原点だったはずですが、
今では、ほとんどが食べ物やさんです(^_^;)
植木も多かったのですが、年々減って、
今年は、1店だけでした。ちょっと残念。

例年は、暑い日と、雨の日があって、
三日間全部行くことはなかったのですが、
今年は、少し涼しいくらいで、バイトが終わって、
日のくれる前から行って暗くなって帰ってくる感じでした(*^_^*)
なんだか、浴衣の人が多かったです。

いいだこが、丸々入っているたこ焼き屋さんが、行列でした。

13日からは、佃島で盆踊り
14日、夕方。
草市の西仲商店街を抜け、佃大橋の下をくぐりぬけ、佃島の住吉神社近くへ。
子供が輪になって、淡々と踊っています。お囃子も地味め(^_^;)
ああ~、念仏踊りだ~と思いました。
(考えたら、10年以上すんでいて、初めて佃島の盆踊りに行きました)
ずっと、同じ踊りをくりかえし、くりかえし、魂の浄化を祈るように、、、

8時に子供の時間はお開きで、都の無形文化財に指定されているのですが、
保存会がありまして、そちらの長の方が、
「この盆踊りは、無縁仏さまのご供養のための踊りと考えております。
子供たちには、盆踊りの前に、無縁仏さまを祭っているところに、
お線香の一本も上げてから、ご供養のために踊ってください」といっておりました。
なるほどと、何が気に入ったのか、次の日も行くといったまひると、
お線香を上げました。なんだか「海はしっている」という、
黒澤明監督が、最後に手がけたという映画の舞台は江戸時代の佃島だよな~
あの主人公たちも、ここの無縁仏になっているのかな~?
なんて、とりとめもなく考えました。

15日は、金曜だったせいか、子供があふれんばかり。
浴衣着ている子が多いしね~(*^_^*)
知った顔を見つけては、お話に花を咲かせる毎日。
とうとう、4日間、夕ご飯を作らなかった(^_^;)

ま~、本来は「盆」行事ですので、夜な夜な出歩きつつも、
心の底に、なんともいえない寂しさを抱いてしまうのは、
生きてきた時間ということなのかな~
今年、新盆の友人、従姉、、、改めて冥福を祈りました。

|

« 日々無事、これ名馬 | Main | 三連休 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/4998358

Listed below are links to weblogs that reference 草市・盆踊り:

« 日々無事、これ名馬 | Main | 三連休 »