« おまつり | Main | スター・ウォーズ シスの復讐 »

佃の例大祭

そもそもは、徳川家康が、江戸幕府開府の折に、
佃島(たぶん大阪あたり(^_^;)の住人を江戸に呼び寄せ、住まわせたのが、
現在の佃島の発祥となっている。
そのときに、住吉大社の分社もやってきたらしい(うろおぼえ(^_^;)、
で、その後の埋め立てにより(主には明治以降)月島、勝どき、晴海、豊海(とよみ)と、
佃の住吉神社の氏子は、広がっていった。

月島の町会は、1の部、2の部、3の部、4の部とあり、
さらにそれぞれが、西の部、東の部とある。
神輿は、町会にもよるが、
だいたい、神輿、中神輿(女性、中学生、小学校高学年が担ぐ)、小神輿(子供神輿ともいう)とあり、
山車は、西と東で各一となっているようだ。
祭半纏は、似ているようで、微妙に違えて、町会ごとにあるわけで、
神輿は、原則、町会の半纏を着ていないと担げないことになっている。
親が、4の部に住んでいて、自分が2の部に住んだいたら、それぞれの半纏を用意し、
それぞれの神輿を担ぐことも可能であるわけで、
特に、「八角」と呼ばれる神社の神輿は、江戸時代から続く、由緒正しき神輿で、
担ぎたがる人も多く、4の部を通るときは、4の半纏を着て、3の部を通るときは、3の半纏を
と着替えながら、担ぐ人もいる(^_^;)
だから、祭前に、「3の半纏がほしい」「2のどこかにない?」なんて話になれば、
すでに、1枚あるが、ずっと担ぎたいから、他の町会の半纏かりたいな~という意思を、
汲み取るわけで、今回、知っている方が、「1から4まで、10枚くらいあるよ」と聞けば、
「おお~」とおもいつつも、ご本人のほかに、担ぎたがる人がいるおうちで、
かつ、他の町会にも顔が利くという、あかしとおもうわけなのでした。

が、これは、月島の話で、神社のお膝元の佃は、もっと格式高いことをいったりする
御長老が多いのですが、いかんせん、高層住宅街になってきているので、
それはそれで、いろいろありそうですが、月島の会員の我が家には、直接は聞こえてきません。

私が、子供の頃すんでいたところでも、祭はあったし、神輿もあったけど、
月島に住んで、祭を見るようになって驚いたのは、
神輿の前に、神主様のように、はかまをはいた人が、先導すること、
で、生の祭囃子を奏でる、囃子方が、次に来て、神輿なのだ~(^_^;)
町の人は、竜神様に、お水をささげるので(^_^;)、
神輿の担ぎ手たちは、びっしょりである。
担ぎ手は、交代しながら進むので、神輿の周りには、
同じくびしょぬれの一団があり、さらに、神輿について
家族の荷物を持っていたり、写真を撮ろうとしていたり、
と、とにかく大集団である。これが、各町会の神輿が大集合して、
町内を行き交うときは、さらに大騒ぎで、
そりゃもう、水をかける準備をして、待ち構えないといけない。

そして、祭の間の三日間、当たり前のように、
「大祭につき休業」の看板を商店街でたくさん見かけます(^_^;)。

3年に一度の祭りも、今回が3度目。
はじめは子供について、山車につくぐらいだったのが、
前回から、マンションの管理組合の役員だったりするわけで、
手伝い手として(山車の当番でした。ひもの先頭だったよ、ちょっと恥ずかしかった)、
参加するようになり、今年は、れおも中神輿を担いだり(半纏、用意しましたとも!)、
夫も、係りの仕事の合間に、担ぎに行ったり(ほんの短い時間ですが)、
お神輿見たら、「水、かけるぞ~」と思い、また、それを楽しむ気持ちに、
私、やっと、この土地の人間になれたな~と思いました。
三年後、また、竜神様に水をかけ、まひるも一人で動けるだろうから、
神輿が、川に入って渡るところや、大通りを神輿が大行列で行くところを見学したいな~
と、その前に、水浸しの夫やれおの半纏や、はんたこや、さらし、まひるのどんぶりや、股引き、
たまたま、神輿を担ぐれおの写真を撮っていたら、
後ろから、水をかけられ(カメラと携帯をかばうのが精一杯で、
おもいっきりぬれてしまった(ーー;))ぬれた服、
神輿にかけていたのに、なぜか、ぬれた服てぬぐい、
と洗濯物の山を片付けなきゃ~

TVのニュースなんて、どこの世界のこと?な三日間も終わり
(一日は仕事も休まないといかんのだよ、参加するには)、
日常へと戻るわけで。ちょっと、うつろ。
このテンションじゃ、毎年はきついぜ、三年に一度でよかったと思うのでした。

|

« おまつり | Main | スター・ウォーズ シスの復讐 »

Comments

トラックバックをいただいていきます♪

Posted by: 佃姐 | August 09, 2005 at 07:00 PM

お疲れさま~!
準備、当日、片づけ、とお祭りはほんとに大変だけど、大きい祭りであればあるほど楽しい気持ちもありますよね。歴史の一端に参加したような。地元民じゃないとそういう祭りには参加できないので、羨ましく思って読みました。
3年後のレポートも楽しみ。

Posted by: 合歓 | August 11, 2005 at 08:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/5374976

Listed below are links to weblogs that reference 佃の例大祭:

» 新佃の恥 [ 佃島ひとり書房]
はぁ〜、気は抜けるし、身体は痛いし、仕事はたまってたし・・・。佃祭りオフにお越しくださった皆さま、ありがとうございました。ただの飲み会になってる人もいましたが(笑)、楽しかったです。オフ会もパソコンもすべてほっといて担ぎまくっておりましたので、わたし自...... [Read More]

Tracked on August 09, 2005 at 07:06 PM

« おまつり | Main | スター・ウォーズ シスの復讐 »