« スパ ラクーア | Main | やれやれ »

図書ボランティア

今月は、イベントが多くて、ただでも忙しいのに、
読書週間でもあり、二度目の朝の読み聞かせ。
担当は1年生。「ききみみずきん」「かさこじぞう」にした。
ずきんとか、かさとか、わかるか不安でしたが、
静かに聴いてくれました。

春に比べると、ぐっと落ち着いた気がする。
40人学級なので、補助教員がついているし。

で、読み聞かせのあと、図書室にそのまま残って、
ボランティアの仕事。整理したり、しおりを作ったり、
掲示物の作成。私なんか、週に一度くらいだけど、
ほぼ毎日、中休みから、昼休み終わるまで委員長はいるんだ。
家庭のほう大丈夫かな?っておもうくらい、
頭下がります。

最近、いわゆる昔話を読みながら、
民話の中にも、なんだか為政者のために、
こんな人間であってほしいみたいなのが、
織り込まれているのはいやだな~とおもうし、
また、そういうのが、昔より見えてきている気がする。

素朴で、正直で、働き者、、、それだけでいいのか~(ーー;)

次は、落語シリーズから、また選ぼうかな?
来月はボランティアお休みして、12月です。

|

« スパ ラクーア | Main | やれやれ »

Comments

読み聞かせ、お疲れさまでしたー(^^)。
ワタシももうすぐ読み聞かせのお当番だった、
なに読もうかな~~。
落語は「じごくのそうべえ」がコドモも好きですが、
生まれ育った関西弁も、読み聞かせでは難しくて(^^;ゞ
読んだことないです。
落語シリーズのおすすめがあれば教えて下さいm(__)m。

Posted by: つー | October 31, 2005 at 11:48 PM

「まんじゅうこわい」なんて、どうですか?
次回の読み聞かせにしようと思っていたら、
先越されて、読まれちゃいました。
「じゅげむじゅげむ」「めぐろのさんま」「まんじゅうこわい」
と、そのクラス(二年生)は、落語シリーズで、
受けてます~(^_^;)
「めぐろのさんま」は、案外、関西圏の人は知らないらしいので、
読んでみたらいかがですか?

Posted by: ネコの目 | November 01, 2005 at 07:39 PM

「めぐろのさんま」は土地勘がないので、
目黒って確か「内陸部」ってか、
海からは離れたとこなんだよね、
関西圏ではオチがわからないかもしれない。

上方落語の読み聞かせ本では
「5分で落語のよみきかせ」ってのありますです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569642527/qid=1130889233/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-8596653-3474709
地名が出てくる噺意外は標準語で書かれているので
他の地方の人にも。
うちの次女(小六)なんかは笑い転げて、
自分も音読するからって、読んでくれた。楽しかったです。

Posted by: ありのみ | November 02, 2005 at 09:00 AM

目黒は、住んでいましたが、(^_^;)
品川が海だったころの話だから、
海から5キロほど入ったところ
(江戸城から馬がけで行くほどのところです。
将軍の鷹狩場がありました)
のどかな里山だったと思うよ。
坂が多く、富士見の茶屋などあったらしい。

下町から来ると、高台になり初めで、
景色のいいところだろうな~
田舎だけど。というのを踏まえて、お話しないとね。
一応、最初に「目黒ってどこか知ってる?」って聞いて、
説明してからはじめました。
東京に住んでいても、離れていると、実感ないかもね、
特に、2年生ぐらいじゃ。

それでも、意外に喜んでくれますよ~(*^_^*)
面白みや、おかしみは今わからなくっても、
いつか何かの芽になってくれるかもしれない。
長い楽しみにとっておくよ(^_^;)

上方落語もおもしろいよね~
今度、図書館で探してみるね~(*^_^*)

Posted by: ネコの目 | November 02, 2005 at 09:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/6710400

Listed below are links to weblogs that reference 図書ボランティア:

« スパ ラクーア | Main | やれやれ »