« ふ~ん | Main | またも »

記憶がないって・・・

普通の一日だった。
れおは、「今日は研究授業だから~」と、
給食が終わると帰ってきた。すぐに遊びに行ってしまった。
まひるは、試験的にはじまったPCをつかった算数の補習。
(始まると聞いたとき、まひる向きと喜んだ(*^_^*))

れおは、夕方暗くなっても帰らない。
夕飯の買い物時、いつも遊ぶ公園を通りかかったので、
見たがいなかった。夕飯の支度をしていると、
ようやく帰ってきた。6時を少し回っていた。

ご飯を食べ始めたが、なんだかだるそう。
「行儀悪すぎ!」と叱った。「今日は何日だっけ?」
「12日!」と答えると。「そうか!」クラスメートからの電話にも出た。
「教科書が下になるからって、忘れるな!」って。
トイレに入った。トイレから「今日は何日?」って。答えた。
少ししたら、また聞いた。少ししたらまた聞いた。7回!(ーー;)?
「おかしいよ、れお。どうしたの?今日は誰と遊んでたの?」
「わかんない!遊んだの?今日は何日?」
悪い冗談かとはじめは思ったが、どうも本気だ。
そのうち「記憶がないんだよ~」「頭いたい~」と泣き出した。

とりあえず、病院だ!まず、時間がかかると思ったので、
まひるを同じマンションの友人宅に預かりを依頼。
それから、いつも行く総合病院の小児科に電話で見てもらえるか聞く。
「すぐいらっしゃい」といわれ、タクシーで行く。
この春から、夕診というのを小児科独自ではじめた。ありがたい。
初めての利用。と、小児科部長が、みてる(けっこう有名人)。
話を私や、れおとしながら、「とにかく夕方、何かあったはずだから、
一緒に遊んだ友達に様子を聞いて。その間にレントゲンしよう。」
「必要なら、脳外科や、精神科にも相談できるから」と。

で、携帯に登録してあるのは、女の子の家が多い(^_^;)
男の子は4人ほど。で、一番仲良しの三人に次々かけるが、
「今日は遊んでない!」「いま習い事でいないの。帰ってきたら聞くね」
あとは留守電で、でないし~(T^T)誰と遊んでた~誰に聞く?
電池切れになりそうだよ~見つけた公衆電話は、カード式。
カードはないし、隣の自販機は、1000円札限定。
(5000円札と10000円札しかないよ~)

時間はたつし、まひるを預けた友人に、
クラスの子何人か電話してみてと依頼する。
で、診察室に戻ると、圏外なんだよ~
れおは、数分おきに「どうしてここにいるの?」と聞くし。
学校にかけるか~?と思い悩んでいたら、
ドアが開いて、連絡の取れない、友人Sのお母さんが・・
「公園で、落ちたんだってよ。うちのSが心配してるから、
電話かからないし。来たほうが早いと思って・・。」と。

で、わかったのは、うんていのような遊具から、手を滑らせて、
背中からどーんと落ちて、しばらく動けなかったと。
で、「なんか記憶がない」といいながら、帰ってきたんだって。。。
それも、一応、学校の決まりで行ってはいけないとなっているあたり。。。
それもね~十数人で、遊びにいったんだって。(ーー;)

夫は、いくら連絡しても連絡取れないし。
Sのママは、心配だからとずっと付き添ってくれた。
入院になったが、「いやだ帰りたい」「おなかすいた」というので、
先生が、ナースセンターの前の部屋を用意させるから、
時間がかかるから「なんか食べてきていいよ~」というので、
9時過ぎ、近くはみな閉まっているので、ちょっと歩いて、
三人でファミレスに行く。すぐに「とんかつとチョコパフェ」と自分で頼んだのに、
「たんたんめんがいいな~」という「とんかつキャンセルしなきゃ~」
「えっ、とんかつ頼んだっけ?」という会話になる(ーー;)なんだか漫才だ。
「どうしてここにいるの?」「おなかすいたというから」「たんたんめんたのむ」
「もうとんかつ定食をあなたがたのんだ」「え~」

もうこのあたりになると、はらも据わって、おかしいれおを楽しんでいる。
Sのママも、「本気で言ってるのがわかるからね~」と。
早めに担任に言っておこうと、先生の自宅に電話するが、でない。
「今日は研究会だから、もしかしたら、まだ学校かもよ」ビンゴ~
もうすぐ10時というのに、先生は学校にいました。
事情を話すと心配してくれた。

10分後、れおがチョコパフェを食べていると、、、、
担任と、隣のクラスの先生と、校長が~~(>_<)目の前に~
ひたすら恐縮する。。
会計に行こうとすると、校長に伝票を取られた。
え~ん、れおのとんかつ代とチョコパフェ代~払わせちゃったよ~
大人のコーヒー代と。。。

担任は残って、病室まで行ってくれて、Sのママは、
「うちの息子のパジャマ貸したあげるから、とってくるわ」と行った。
夜勤の看護婦さん、当直の先生、部長、と次々話す。
ベットに入って、モニター用の心電図とるやつをつけられたところで、
担任は帰り、Sのママが、パジャマを届けてくれ、
まひるを預けているところと、
心配している友人宅への電話を引き受けてくれて、
帰っていった。本当にありがたく、心強かったです。

結局、病院を出たのは11時。タクシーに乗ると、
友人の母から、電話が(^_^;)。マンションに着くと、
まひるが友人のママと玄関で待っていた。
「本当にありがとう~」まひると部屋に戻り、薬を飲ませ、寝かす。
夫から日付が変わって電話。結局、1時過ぎに帰ってきた。

なんだか寝付けない夜でしたが。
朝、まひるとさびしい朝食を食べ、
いつもより早く出かけてくれた。そのまま病院へ。
「部長は来た?」とれおに聞くと「かっちょいいおじさん?来たよ」
(すごいダンディーなんだよ。部長)「昨日も見てもらったの覚えている?」
「ううん」(ーー;)それでも、だんだん、前後のことは覚えているみたい。
かなりしっかりしてきたと思う。担任から二度の様子を聞く電話。

脳波と、MRIをしてから、帰ってもらいたいとのことで、
その予約が取れたのが、午後2時と、3時。
退院は夕方だな~とおもったら、そのとおりになった。
午後は、一般外来が終わった先生が次々、様子を見に来る。
まひるの担当医も来てくれて、「脳震盪のせいだったら、まず大丈夫。
ラグビーとかやると、よくやるのよ。半日くらいの記憶が飛ぶのよ~」
おまけに、病棟の端にある心理の部屋を見て、
まひるの今年分の予約するじきなのを思い出し、連絡してみた。

れおの安心料は、2万弱。。。ふ~。もちろん異常なし。

戻って最初に、れおが病院に行ったと聞いて
心配でパニックになったというSに電話した。
れお本人は、あす学校で言うから電話はいいと言うので、
「ありがとうね。だいじょうぶだからね」
担任や、友人から次々電話。
なにぶん、ナースセンター前って、
機械類いっぱいつけている子がいるから、
携帯を持っていても、使えなくって。。。
電話が入っても切ったし、メールも送れなかった。

ずいぶん、心配をあちらこちらにかけました。
お友達のお母さんにずいぶん助けられました。
ありがたかったです。「あした御礼をいうんだよ」とれおにいった。

あいかわらず、前後の事は思い出さない。
本人は、遊んでいて、気がついたら、病院のベットだっていう。
ファミレスで先生たちに会ったのは覚えているんだって。
家にどうやって帰ったか覚えてないんだって。
そんなものか。。。
来週、学校の行事で、お泊り。それも富士登山があるんだぜ~
帰ったら、荷造りしました。(^_^;)

冷静になると、私もパニックっていたよね。
友人への電話とか、もっといいほうほうがあったはず。

|

« ふ~ん | Main | またも »

Comments

ぅわ・・・大変でしたね!
最初はお子さんがふざけている話かと
ニヤニヤしながら読んでましたが、
途中から緊張してドキドキしてしまいました。
は~~・・・ともあれ、大事に至らなくてよかったですね。
いやホント、異常無しと分かってよかったー!!
ネコの目さん親子はお友だちといいお付き合いなさっていますね(^^)。

Posted by: つー | October 14, 2005 at 08:31 AM

脳震盪でこういうの「よくあること」なんですねー!
富士登山の支度をしているということは、これはコレ限りであとの心配はないということですね。よかった・・!!
うー、中学受験のことを考えながらこの日記に来たので、はらはらしました。
ネコの目さん、パニクっても当然でしょう、1000円札限定販売機を前に焦る気持ちわかる~^^;;
でも心配して親に言ったS君、かけつけてくれたS君のお母さん、親子とも良いお友達がいてほんとうに良かったです。
まひるちゃんもお兄ちゃんが心配だったでしょう。
れおくんお大事に。

Posted by: ねむ | October 14, 2005 at 11:51 AM

本当は、要観察なんですが、
まあ~、細心の注意を払って行ってくれって。
担任が不安がっている。(^_^;)

二三日記憶が飛んでいたのが、
前後が数時間飛ぶだけになったので、
本人もよかったみたい。

いや~、病院に長々いるのも疲れるよね~
脳性マヒのお子さんと同じ部屋だったのね、
れおは何か感じたかな?

そそ、ファンレスも病院(クリスチャン系)も
ハローウィンの飾りだったな~
ファミレスは、被り物していたよ~(^_^;)

ご心配いただきありがとうございます。
今日は朝会でみんなの前で、ジンギスカンの模範演技らしい(^_^;)
先生に受けていたらしい。

Posted by: ネコの目 | October 14, 2005 at 02:20 PM

お疲れ様。
中学の時、組み体操で上から落ちた子がいて、
まさに、れおくんと同様の症状でした。
一週間ほどで退院しましたけど。
ともあれネコの目さんのお疲れのでませんよーーに。

Posted by: 思惟 | October 14, 2005 at 09:55 PM

れおくん、大事に至らなくてよかった。^^;
読んでいてドキドキしちゃいました。(;_;
ネコの目さん、本当にお疲れ様でした。
S君よく教えてくれました。お母さんも来てくださって
本当に心強かったですよね。
脳震盪で、記憶が飛んでしまうことがあるというのは
知っていましたが、他にも眩暈がしたりなど、症状が
あるんだろうな~って思ってました。
まさに記憶だけが、、??という状態もありなんですね。
びっくりしました。(汗)

Posted by: 黒豆 | October 14, 2005 at 11:48 PM

ひょぉ、びっくりした!
頭を打った前後のことが思い出せないのなら、
話にもよく聞くけど、
進行形で記憶が抜けていくのは、
そばで見てて、こわかったでしょうね。

しばらくの間、脳が腫れてて、
記憶の処理が出来なかったってことだよね。

でも、ネコの目さん、
いいネットワークと判断力持ってますね~。
うらやましいなぁ。

Posted by: ありのみ | October 15, 2005 at 02:06 AM

もうバテバテですぜ、>思惟さん
病院で、TVもない部屋で、時間つぶしに本読みながら、
寝てました。
れおに「お母さんがベットで寝れば?」といわれました(^_^;)

黒豆さん、
れおは「めまい」がわからなかっただけかも~
ちょっと、ふらふらしていたので、
手をもっていました、ずっと。
動顚していたからかと思ったけど、めまいだったのかもね。

ありのみさん、
冷静になると、「瞬間記憶」だけおかしいよね。
で、「瞬間記憶」は、二日前までだった(^_^;)れおは。
頭痛かったのも、思い出そうとしたからかな?
みんなに、「よくおかしいって気がついて連れて行ったよね~」
っていわれたけど、本当におかしいんだから!
怖いというより、何がどうなっているかわからなかった。
原因がわからなかったからだよね~

ベテランの部長先生に、こういうパターンは、時間の経過とともによくなるから、といわれたのは大きいわ。
心理的に楽になった。
小児科に入院したんで、先生が、顔見知りの人がいたのも、
気が楽だった(こっちが一方的に知っているだけでもね(^_^;)
まわりが大人の患者で、知らない外科医ばかりだと、
また違うよね~

母親のネットワークは、主にれおが、野球で培ってくれたものなので、
彼のお手柄かな(^_^;)
まさに、「遠くの親戚より、近くの他人」を地で行きました。

Posted by: ネコの目 | October 15, 2005 at 10:46 PM

うわ、大変な一日じゃないですか!
私だったら気が動転してしまいそう。
それにしても、原因がわかるまでは本当に心配でしたよね。
とりあえず大事に至らず何よりでした。
助けてくれるお友達がたくさんいて、本当に羨ましい限りです!

Posted by: プラム | October 15, 2005 at 11:42 PM

良かった、良かった、良かったよぉ~~。
読みながらドキドキ致しました。
大変でしたね(T^T)。
どんなに心配でいらしたでしょう。

れおくんの酷かったときのご様子は、今の義父と同じです。
5分置きどころじゃない、訊ねて答えてすぐまた訊ねる。
だもんで、それにつきあう私たちがおかしくなる。

れおくんは、徐々に治って来られて、本当に何よりでした(T^T)。

Posted by: りうりう | October 18, 2005 at 08:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/6388908

Listed below are links to weblogs that reference 記憶がないって・・・:

« ふ~ん | Main | またも »