« February 2006 | Main | April 2006 »

卒業式

れおの卒業式でした。
朝、一足早くれおは出かけました。
まひるの用意の確認などして、
滅多にしないメイクなどしていたら、
ぎりぎりでした~(;^_^A アセアセ…
でがけ、アスファルトは濡れていたので、
色の薄い革靴よりはと、ブーツで行きました。
(だって、持ち物にスリッパと書いてあったんだもの脱ぐと思うじゃない)

それなのに、「そのまま上がってください」だって、、、(-_-)
入場は、担任の先生を先頭にアイウエオ順。
名前を一人一人呼んでいったら、あれ~一人休み(;´_`;)
(発熱でお休みでした)ちょっと、皆でざわざわしました。
斜め前方のお母さんが、幾度となく泣くので、
「おいおい」と思っておりましたが、
別れの歌を、5年生と6年生で、それぞれ二曲ずつ歌うのですが、
このあたりで、泣き出す6年続出。
つい、もらい泣き。5年の担任の先生が、何度も涙をぬぐっていた。

式の終了後、在校生が、校庭に花道をつくってくれて、
両側に並んだ中を親と一緒に歩いていきます。
女の子は、ほとんど涙でぐちょぐちょ(T_T)

なかよしの子のお母さんと、ランチの約束をして、
一度家に帰り、まひるを転校する同級生のお別れ会の会場に送り届け、
ランチの場所へ。あれこれお話ながら、これからの中学生活を思い描くのでした。
子供たちは、ボーリングへ行きました。

夕方、今度は、親と、先生を囲む会。
近くのホテルから、迎えのバスが来て、皆で向かいました。
ホテルのビュッフェ。昼食が遅かったせいか、あまり食べられず、
飲みもせず、、、ビンゴをやったら、なぜかなかなかそろわなかったのに、
いの一番にビンゴとなり(^_^;)エプロンをいただく。

そのまま先生を引き連れて、銀座まで繰り出し、二次会。
カラオケ。。「恋のバカンス」を歌いました。トップバッターで。。。
まだ、謝恩会のこと言われるんだもの。。
そこを11時過ぎにお開きとなり、
近所の人と、タクシーで帰る。その後、先生を引き連れ、
二時半まで遊んだって、、、3次会組。。(@_@)

私は6年間だったけど、多くの人は、幼稚園からだから、9年。
私立へ行く子の親は、感慨もひとしおだったと思う。
初めて一緒に飲む方がほとんどで、なかに一人、はじけていた人がいて、
見る目が変わったわ~(^_^;)

なんだか疲れて、翌日もぐったりしておりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

検診

乳腺外科の検診。
予約、14時半。念のため、きっかりに病院へいったのだが、
例によって「前に30人待ちです」と申し訳なさそうに、
事務の人が告げる。

今回は家に帰っちゃいました。そして、暗くなってから行きました。
次回からは、メインのドクターの診察は、節目検診だけだって。
そうだよね~、もうずっと、さばき切れていないものね~

結局、診察が終わったのは、7時前。お疲れ様、私。
次回は、夏に、3年目の節目検診です(^O^)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

バタバタと

半月ちょっと遅れましたが、
実家の土地の売買は、無事終わりました。
母が一緒に行ってくれと言うので、売買契約のため、
池袋の銀行まで行きました。
遅れて父と末の妹が来ました。
子供の頃住んでいたところに近いので、
見知っているはずの町ですが、なんだか、
「六またロータリー」って、こんなに小さかったかな~?(^_^;)

問題は、母に、父が本当に現金で、
半分くれるかどうかでしょう。。。
土地を売った小切手を持って、すぐに銀行に行きたがらない父に、
母はイライラして、私と末の妹が、銀行に入れに行けと、
うるさくいってやっといれたよ。手がかかるやつだ。

銀行に入れたのを見届けると、ほっとした母は、
伯父の家に行きたいといい(池袋から近い)
緑内障で手術をすすめられているという伯父のお見舞い
と言うことで、ついて行った。
数日前、やはり母と、この家のいとこのお見舞いに入院している病院まで、
お見舞いに行ったのだった。
ミトコンドリア脳症という難病で、何度目かの脳出血で倒れ、
半身不随で、高齢で病気がちの伯母では
面倒がみられないので、遠いが、リハビリをしてくれる病院へ入院しているのだ。
月30万という医療費は、都内だと難病指定なので、無料だが、
入院先が都外なので、いったん伯父が払わねばならない。
数ヶ月後に、戻ってくるらしいが、、負担だと思われる。
手続きを含め。。。いとこは私より、いくつも若いのに~(T.T)
同じ病気で、1年ちょっと前に、私と同じ歳のいとこを亡くしている。

伯父夫婦は話の端々に、亡くなったいとこへの思いが、
悔しさ寂しさをにじませ、そこにぐるぐるする。
いとこがかわいがっていたネコが、
元気そうにえさをねだっているのが、慰めでした。
それでも、伯父は、伯母の面倒、
息子の面倒と見なくてはいけない使命感で、
80いくつには見えないほど元気で、
落ち込んでいるヒマはないようでした。
それはそれで、いいのかもしれないな~
と思いながら帰ってきました。

夜、疲れが出たのか、はたまた、昼に両親らとたべた天ぷら定食が悪かったのか、
思いっきり吐いた。(-_-)前日、区民検診(誕生月前後に出来る)したばかりなのにな~

翌日、不安を抱きながら、図書ボランティアの打ち上げ。
れおの同級生のお父さんのお店で、雑誌やTVに何度か登場したことのある居酒屋さん。
このお父さんは、図書ボランティアの中で、唯一のお父さん。
若い頃、劇団をやっていたと言うことで、朗々としたいい声で読んでくれます。

そのお店は、一度行ってみたかったの~(^O^)
れおのクラスの子のお母さんと
「6年ご一緒で、一緒に飲むなんて、はじめてね~(^O^)」といいながら、
「こんなに日本酒並んでいるんだもの、日本酒飲まなきゃね~」と、
二人で、「違うの頼んで、味見に交換しましょうね」とそれぞれ結局3合ほど飲んだ(^_^;)
(6種類のお酒をお味見したことになる。淡麗辛口が多かった)
お料理も、素材のいいものを使い、満足のいくものだった。
彼女は、PTAの中心人物だったりするので、いろんなお話を聞いた。
初耳ばかり。。。(-_-)
「れおは、かなり女の子にもてているみたいよ!
知らないのは、母親だけだからね~(^▽^ケケケ」だって、本当か~

3時間を超えて、女10人で、楽しく飲み食いしたのでした。
で、まっすぐ帰ったのだが、夜半、やはり吐いてしまい(;´_`;)
苦しかった。。。
飛び石連休はおとなしくしているわ~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あいかわらず

謝恩会後、学校関係者にあうごとに、
「感極まっちゃったんだって~」などと、声かけられる。
どんな噂が広まっているんだ~(-_-)

謝恩会の幹事だった人には、
「ナイスでした(o^^o)」って、何がナイスじゃ~
自己嫌悪。。。。

ようやく確定申告にいった。
医療費控除。今年も30万以上あった。。。
税務所の記入所というところで、確認しながら、
記入していたんですが、例年。
今年は、PCが、おいてありさらさらと、メモ書きすると、
PCに入力して、作成終了。おお~、イマドキだね~(^_^;)

2万もどります~(^O^)

春先は、まひるの通級の書類、療育先の書類かける2と
記入ものが多くて、うんざり。
友人とつれだって、子供服を買いに行ったら、
持ってきたはずの15%オフ券忘れた~
何やっているんだか、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

続くときは、、、

熱のあと、どうもすっきりしないれお。
二日ほど微熱が続くので、金曜の夕方、小児科へ。
あ~ん、「普通の風邪じゃないね~、検査しよう!」
溶連菌がでたよ~(T.T)小さいこの病気じゃないの~?
図体だけはでかいんだけど~>れお

というわけで、週末、安静を言い渡されました。
(なんだか、医療費、爆裂している)
そういえば、小学校の低学年で、猛烈にはやっています、おたふく風邪。
あれこれ心配な週末。
それでも、野球行かない時じゃないといけないからと、
夫の実家へ行きました。今年初めてではないか?はぁ~(;´_`;)

帰り際、まひるが怪しい!とおもったら、ぜんそく発作。
久しぶりに、発作らしい発作だ~救急病院へ行く羽目に(>_<)
んでも、小児科は7人待ち。。。1時間待ちました。
その間に寝てしまって、医師に
「(横になって)寝てるの~?んじゃ~大丈夫だ~」
(発作がひどいと横になれないんだよね。(^_^;))
ということで、吸入して帰ってきた。やれやれの週末なのであった。

そんなまひると、日曜は、区の親子観劇会に出かけた。
「フランダースの犬」泣けた~

| | Comments (1) | TrackBack (0)

やってしまった(;´_`;)

どこの学校もそうなのかな?
6年のれおの謝恩会。
3学期になると、怒濤のように、その日に向かって、
母親が一丸になって、盛り上がって、当日を迎えます。
前日準備も3時間、当日も、4時間前から集合です。
することあるのか~!な気分でしたが。。。

なんだか濃い時間をみんなで過ごしていたんだけど。
で、私は、前年、5年の学級代表委員として、
「卒対お願い!何でもお手伝いしますから」
といって、頭下げて回った手前、
母親の出し物の合唱の間奏で、
思い出や、感謝の言葉を数名で言うという、役を引き受けましたとも~
原稿も考えました。もちろん、泣け~!とばかりの文言(-.-)

でも、私は泣かないと思っていました、自分だけは。
少なくとも、原稿を読んでいるときは。。。
でもね、琴の音まで入って、しかも、歌のはじめから、
一番前で、泣いているPTAの役員の方を見ていたら、
「まずい、そんなに泣いちゃだめ~。
あ~、見たらうつるから、見ないようにしなきゃ~」と思いながら、
原稿読み始めたら、絶句して、涙声になってしまって、
まずいと思いながらも泣き泣き読んでしまったら、
後ろから、数人の人が泣く声が、コーラスも乱れてしまったよ~(;´_`;)

コーラスの最前列の真ん中で、泣いてごめんよ~
終わったら、赤い目のみんなから
「れおのママ、あそこで泣くとは思わなかった~
泣いてる~って思ったら、こっちも泣けて~」
「あなたが泣いたら、みんなうつって、総崩れで泣いていたわよ~」
6年の担任の二人の教師にも、
「お母さんたち、みんな泣いているから、もらい泣きしちゃいましたよ~」と。
自分が、一番びっくりしたよ~、あそこでしゃくり上げてしまうなんて~

送迎の時に見ていたら,PTA役員多数、泣いていた。
すみません、私、かなりの伝染力だったみたいです。
ある母、「卒業式は、バスタオルいるわ~」って、
それはちょっとオーバーでしょう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

それから

実家の方は、弁護士に頼んで、
相手の方に、契約放棄の内容証明を送った。
仲介に入っている不動産屋に、別なところから、
実家の隣家とまとめて買うというマンション会社から連絡があったと。

何にしても、契約破棄の書類が有効になるのが、
一ヶ月後。その後の話です。
隣家は、更地になっていて、自己破産した会社のものですが、
裏も買ったそうで、空き家になっています。
その一切合切を買って、うちも買うと、
間口も奥行きも、まとまったものになります。
だから、絶対、(マンション建てる会社は)買うよな~と思います。

まひるの担任から、一日遅れて、本が返ってきました。
ホームルームの時間に、詩の部分だけ読んだそうです。
4年でも難しいだろうね。保護者会で、先日ご主人を亡くされた方に、
プレゼントしたいと思っています。少しでも慰めになればと思います。

れおに、遠足のおみやげが届きました。
みんなで買って夕方、届けてくれました。
「ありがとうね~」といいながら、
私、れおのためになんだか「心配をおかけしてすみません」
ばかり言っていた、一週間だったと思った。(;´_`;)
ママ友、数名からも心配をしてメールが届いた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

図書ボランティア

とりあえず、実家へ行くのはお休み。
で、予定通り、学校から電話をもらう。
「どうする?遠足」(-_-;)
「一応、途中途中、バスで先回りということでどう?
その場合、校長先生がつきあうって」ありがたい提案をいただいた(;´_`;)

れお、「いやだ~」
「だって、けがしたの誰よ~。絶妙のタイミングで、ねんざした」
それほどひどくないんですけどね。大事を取らないとね~
後々たたるだろうから。

図書ボランティアの方は、謝恩会の時など荷物おきに使うとのことで、
月一回の「お話会」の日程が前倒しになった。
で、気がつけば、「お話会」の当番と、朝の読み聞かせの当番が、
連日(;´_`;)
「お話会」は、図書室で、20分休み。聞きたい子がやってきます。
「千の風になって」を読むことにしました。
低学年の子がほとんどだけど、いつの日か、身近な人を亡くしたとき、
思い出してくれるといいな~と。

練習に、何度か読んだけど、もう、3回ぐらい涙で詰まったよ~
本番が心配。時間の関係で少しカットして読んだ。
雨のせいで、いつになく観客の多い「お話会」でした。
終わった頃、まひるの担任で、図書担当の先生が、
「今日はまひるちゃんのおかあさんだったのね~
その本は?私物?」
「ええ、私物です」
「ちょっと読みたいの~貸してちょうだい」と
嵐のように持って行ってしまった。

翌日の朝の読み聞かせ(1年のクラスに行って読みます)
何の本にしようか、さんざん迷って、他の人に、
「新しく入ったし『ともだちや(内田麟太郎)』シリーズは?」
とすすめられ、それにしました。
それにしても、二冊用意していって、読み終わり、
向かいが図書室の教室なので、
三冊目を取りに行ってしまいました。(;^_^A アセアセ…

家で、一生懸命練習した二冊より、
三冊目がうまく読めるって、どういうこと~~(‥、)

れおは、熱が出たので、結局、遠足は休み。
なんだか、表彰のあと、いかんではないか~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »