« がっかり~ | Main | 秋深し »

お彼岸

最近、だいたいまひるの予定が絡んで、
週末が過ぎていく(--〆)

金曜日、母の歯科への付き添いの後、
まひるの保護者会。その後、卒業対策の打ち合わせ。
疲れた(;一_一)あいまに、図工の先生と30分、立ち話。
まひるが美大付属を狙っているのを知っているので、
「がんばってよ!うちの学校、ここ何年かトライする子はいるけど、
受かっていないのよね~大学は、実技がレベル高いけど、
中学や、高校で入れれば、全然楽よ~」とプッシュされた。
本人のテンションが一番の問題だよな~
「私も、プッシュしておく」といってくれました。

お彼岸に入ったら、なんだかとんとんと、町内の葬儀のお知らせ。
3件でっせ!!!
お名前も顔も、一致しませんが、、、そのうちのお一人は、
近所のたばこやのおばあちゃんでした。
私が、この地へ引っ越してきた当時は、まだ、店番してました。
いつ通ってもいて、ほのぼのした気分になりました。

何年前くらいからか、外の見える店から入ってすぐの部屋に、
ベットが入り、そこにいるようになった。。
それでも、だんだん弱っているのは、傍目にも明らかで、
もう、細い灯だけだな~と思ったのは、つい週間前でした。
ご冥福を祈ります。

夏から、こっち、熱が下がらなくって、入院したきりの夫の母、
長くはないといわれ、それなりに覚悟もしていたはずですが、、、
一度、急に血圧が下がり、危篤になりましたが、持ち直しました。
義父と義妹が、二人で見ているので、任せた形で、
(正直、私、まひるでいっぱいいっぱいで、ほかの事はできませんが(>_<))
ずっと来てしまいました。もっとも、夫の顔も、とっくからわからないので、
私が何かして、どうはないな~~

とうとう、医師から、「次に高熱になったら、もう使う抗生物質がないから、
今のうちに、会わせたい人に会わせて。。」(T_T)
というわけで、この連休は、一日はお見舞いに決定。
しかも夫の仕事とかの絡みもあり、
午前中、まひるの用事ででかけ、その後、合流の予定に。
午前中の用先は、私の妹の家から近いので、妹にもあう。。
午後は、義母のところへ。なんだか、小さくなった。
私より、大柄な人だった。身長は170近かった。。
面やつれは、していないのが、救いかな~
夫は、声もかけずに、うつらうつらする義母を見ていた。

まひるとれおの塾の先生との面談。
問題は、まひるだよな~
「受験生向けではなく、補習向けのクラスの子となら、同レベルはありますよ」
それじゃ~、届かないよな~第一希望に。。。
希望校の過去問を預ける。心理の先生に薦められた、
シールやスタンプで、釣る方法をいってみる。
やってくれるというので、シールを持ってくるのを約束する。

れおくん、ボキャボラリーが、少ないって、
そりゃ~、辞書とか引かないもん!
増えないよ~~宿題やってこないって、、
学校の宿題でいっぱいいっぱいですから。。。
あ~前途多難。。

何カ月ぶりかで、髪を切りました(*^_^*)さっぱり。

母が、昨年亡くなったいとこの墓参りに行こうという、
夫の実家の墓へ行かないのに、いとこの墓参りは、
この時分、まずいよな~と、母との約束の前に、
夫の方の墓へ行くことにする。夫は仕事で行かないというので、
まひるを誘って、二人で行く。

墓で、掃除(義父が来たみたいで、きれいにはなっていた。)していたら、
「どなた?」と声をかけられた。
「二男の嫁です」といったら、「ああ○○ちゃんの」
というと名前を言ってくれた。毎年、年賀状で、見る名前だと、わかった。
「お母さん元気?」どうこたえたものやら、どのくらいの付き合いか知らないし、
義父は、変わっているところがあって、わずらわしがらないだろうか?とか考えたら、
入院していることだけは、伝えようと思った。危ないという話は、しなかった。

「何かあったら、教えてね~」と携帯番号を言われたので、
お別れした後、夫に、電話番号と、会った話をメールした。
(夫は、速攻で連絡をとったらしい。よかった。)
彼岸花が、きれいに咲いていた。
そこから、母との待ち合わせの巣鴨へ行った。
縁日の日で、ごった返していた。

三人で、お墓に着くと、伯父夫婦が出てくるところだった。
「おっ、帰りうちよれよ!」といわれる。
やはり彼岸花が、きれいに咲いていた。
どうして、お彼岸って、わかるんだろう?不思議だ~
う~む。予定が増えた。お墓参りの後、昼食をとり、
まひるの参考書を買い、伯父の家へ。

昨年亡くなった従弟、4年前に亡くなった従姉、
どちらの部屋もそのままにしてあって、
服とか着てほしい、まひるに持って行ってというのだけど、
まひるのきそうなのはないし、そもそも、すごく小柄な人だったので、
入らないよ~伯母は勿体ながるけど、処分するよりないよな~
それでも、形見分けのつもりで、ピアス一つと、Tシャツを一枚、
もらってきました。

なんとも、重く悲しい気分になりました。
時間薬というけれど、伯父夫婦には、まだまだ効いていない。
寿命とどっちの話になるのかも~
二人には、長生きしてほしいけど、
それが、子を亡くした悲しみを長引かせるだけなら、さびしい。
私にできることったら、伯父の酒の相手くらい、
伯母の話を聞くくらい。。

|

« がっかり~ | Main | 秋深し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/16576193

Listed below are links to weblogs that reference お彼岸:

« がっかり~ | Main | 秋深し »