« ラスク | Main | 老いた母に思う »

つれづれに

謝恩会で忙しかった折、
夫が、一度だけ洗濯をし、干してくれた。
取り込む時、なんだか変な干し方だな~
とおもったら、まひるの下着が、
外から見えないように取り囲むように干してあった。

まあ~、うちは3階だし、向かいは運河に挟まれて、
80mくらいむこうだから、よほど目をこらさないと、
まひるの下着は見えないと思うが、、、、
それでも気になるのが、男親なのかな?
私のは、普通に干してあった。confident


土曜の午後、銀座へまひるを
二種混合の予防注射に連れて行った。
帰りに二人で、銀座を歩いていると、
まひるが「あ~月が出ている。下弦の月だ~」
おやおや、下弦の月なんて知っているんだ~
無駄な雑学好きは、私の血かしらね~

もはや子供用では小さいまひるに、
ユニクロで、細身のジーンズ二本を買うのであった。


れおの用というわけでもないが、
生協で「ロイズのホワイトチョコ」を注文した。
れおの一言「やばい~うますぎる~」lovely
以来、大事に毎日、数粒ずつ食べるのであった。
「これと、餃子があれば、生きていける~(*^_^*)」
ホワイトチョコ好きなのでした。


れおは、卒業式で送辞を読むことになった。
「絶対来ないでね!きたら、わざと間違えてやるangry
そんなに見られたくないかな?
ま~仕事だし、まひるの謝恩会や卒業式で、休みが多いので、
そこまでいうなら、いいかと思っていた。担任にもそのまま報告しておいた。

同級生のお母さんから、電話があった。
送辞は、男女一人ずつ、学級代表委員から一人、
生徒会から一人と、今回の件で知ったのだが、
で、今回れおのパートナーの女子のお母さんから、
「学年主任から、ぜひ、あなたも誘って、一緒にどうぞって」
そう来たか~ま~小学校も一緒で、知らない仲ではないからね~
れおには、内緒で、終わり次第仕事に行きますということで、
行くことにした。

今、れおは、学級代表委員長なのだ、
送辞が回ってくる可能性は、高かったわけだが、
何よりも、推挙してくれた先生が、複数いたという。
成績だって、まじめさだって、上の子はいくらもいるのに、
れおに回ってきた送辞という仕事。
名誉だし、学校でのれおの様子がはかれるようで、
頼もしくもある。もっとも、保育園時代から、
先生の受けは抜群に良いのだ(*^_^*)
一つの才能だね。

三年生の顔写真や、卒業に向けてのアンケートののった紙を
見ながら、送辞のセリフを考えているれお。がんばれ~

れおは、試験前にわざわざ銀座の美容室まで、
友人とでかけて頭を今風にカットしたのに、
一月も立っていないのに、自分で、バリカンで
坊主にしてしまった。長い髪も似合っていたのにね~

ホワイトデー前、一応、れおに
「お返しの心配はいいのheart04?」と聞いた。
「まったくないangry」「あらあら、さびしいわね~」
そして、日常は過ぎていくのであった。

|

« ラスク | Main | 老いた母に思う »

Comments

つれづれに……。なんだか小さな穏やかな幸せがいっぱい詰まってる日記ですねえ。毎日こんな日ばかりで老いるまで積み重なっていくといいなあ。そーは問屋が卸さないのが現実だけどもー(^_^;)

Posted by: 思惟 | March 17, 2008 at 09:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/40528208

Listed below are links to weblogs that reference つれづれに:

« ラスク | Main | 老いた母に思う »