« れお、うきうき | Main | 瞳 »

さくら、さくら、さくら

雨の朝、いつもより1時間早く家を出る。
実家の母の手術の話になるであろうということで、
たまたま、仕事先に近いので、出社前に、病院へ。
道中、千鳥が淵がある。
満開の桜が、雨に濡れ、地面に、お堀に落ちている。
晴れた日なら、母の病院への道中でなかったら、
どんなにいいだろう。考えると、東京に住んでいても、
桜を見に、千鳥が淵に来たことなかった。

まひるの第二希望校が近いので、
うまくすると入学式前後に、桜を見られるかと思ったが、
それは叶わないこととなった。。。。

右に目をやれば、靖国神社。
ありようは嫌いだけど、そのたたずまいは好き。
緑が多く、空にそびえる鳥居。
やはり桜が咲き誇っていた。

弟と、妹に付き添われて母が来た。

母の良性腫瘍は、脊椎のすぐ隣。
3センチ弱で、頭蓋骨にぎりぎり入らない、そんな場所で。
先生も、ちょうど、境目なのですよね~整形外科と脳外科の、、、
100%取れないかもしれないの話に、母は、不安がるが、
それで、症状は取れるし、
万が一にも、再発しても、次に手術サイズになるのは、
ずっと先だよ、と弟と説明する。

母は、不安がどんどん増幅するタイプなので、
ある程度はしかたないし、私だって不安だが、
どう落ち着かせ、納得させるか、悩みの種だ。

母は、さらにCTなど撮らないと、
手術の具体的な話にならないということで、
妹たちに、頼み仕事へ。

帰り道、そこここに桜が見えて、きれいだった。

母は、早めに手術の運びとなり、
来週、ベットが開き次第、
検査入院となる。

|

« れお、うきうき | Main | 瞳 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/40725904

Listed below are links to weblogs that reference さくら、さくら、さくら:

« れお、うきうき | Main | 瞳 »