« May 2008 | Main | July 2008 »

万歩計

前のは、洗濯してしまったが、
使いやすかったので、
同じものを買って使っていたが、
家から、22分ほど歩いたのに、
1200歩!なんだか「がっくり」
あれ?おかしいなと思っていたら、
その後も、10分以上歩いても、
表示しない。電池は、替えたばかりなので、
寿命かと思う。
してみると、2,3年で寿命が来るのか。

つぎはどうしようかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まずい


その1
 すっかり忘れていたが、
 ここ数年、マンションの管理組合の役員はのがれていた。
 今年は回ってきたぞ、、、役員。祭りの年ジャン!
 そして、町会から祭りの役員のあいさつ回りが、、、
 町会から、もう、今年は頼むぞって、春には言われてたんだって>夫
 また、あつくって忙しい夏が。。。。

 で、すっかり祭りのことは、頭になく、
 放送大学の科目申し込みの時、
 働いていたら困るからと、
 (7月末から8月上旬)土日に試験になるように、
 科目を選んだのだ。。。。(>_<)もろ、ぶつかる。。

その2
 娘と、歌舞伎を見たいと思って、日曜の午前中ならいいな~と、
 7月の国立劇場「歌舞伎鑑賞教室」二枚買った。
 オープンスクール(休日の授業参観)だった。。。
 すっかり忘れていた。どうするんだ~(T_T)
 1時間目の半分だけ見て、とっとと国立劇場行くとして、
 もう一枚は、どうしよう?

その3
 れお、無事帰ってきた。
 母は、お見送りのお母さん同士のお茶の折、
 れおが、その一人のおうちに、
 たびたびお邪魔していたのを
 初めて知る(=_=)
 しかも、このあいだは、「HなDVDみてたよ~」
 「○くんの兄から、Hな本借りて、回し読みしているよ~」

 ふ~ん、そのくらいは、年頃の男の子になりつつあるから、
 許そうかと思った。だが、荷造りがあまりに下手なので、
 数回、鞄のチェックをした折、(下着は、私が用意して入れたし)
 これを持っていくのか(>_<)
 まずいだろう~なものがあったが、
 私が中学の折も、持ってきて風船のようにふくらませて
 遊んでいた男子がいたから、
 たぶん本来の目的には、まだ使わないだろうと、
 見なかったことにした。。。

 それにしても、Hな本といい、
 カバンの中といい、母が容易に見えるとこに、
 そういうの置くな!もっと、隠そうとしろよ~
 うまく隠せよ!!
 そっちの方が、まずいんでないか、心配だ。

ちなみに、帰ってきたれお、ズボンに縁結びのお守りをつけている。
「なんだこりゃ~」「間違えて買ったんだよ~記念にと思って」
(-_-)うそつき!そのお守りは、ペアで買って、分けて持つやつだろう~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

気管切開

切らずに済めば、その方がいいと思ったんだけど、
結局、直前に、呼吸が不安定な日があったので、
切開することに。

れおが、修学旅行で出発の日、
3時からの予定が、7時前。。。
仕方ないけど、時間を延ばしていたけど、
私は、帰るはめに。
まひるが集中考査なので、ちょっと、初めてだし、
いろいろ不安で帰宅。

翌日、顔色もよく、
何よりも口の管がなくなって、
すっきり。リハビリの時も、口を「い・た・い」と動かす。
声が出せなくっても、動くのがいいね(^^)

がんばって、一時間車いすにも座りました。
でもね、「私は誰?わかる?」って聞くと
首を振って、ちょっと困った顔に、、、(=_=)
しかたないのね~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

修学旅行、出発!

修学旅行、出発!
れお修学旅行です。
広島、奈良、京都です。

PTAにお見送りの指令が(^-^;
れおたちは、15人ほどで東京駅まで、
歩いて行こうって距離だから、まあ〜いいけどさ〜
というわけで朝から、15人ほど駆り出されました。
駅の中、横断幕持って恥ずかしい( 一一)
来るたび、新しい建物が増えている気がする東京駅周辺です。

見送り後の一服。コーヒーですけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

懸案事項、終了

母には、存命の兄が4人いる。
その中で最年長の伯父は、
母が東京に来てからずっと
なにかと頼りにしていた人だ。
母が1か月の入院生活の折には、
まだ幼かった妹を預かってくれたりもした。

我が家と同じで、1男3女に恵まれた。
が、相次いで二人を失った。病気だけど。。
母は、今回の入院の折、
伯父には言うなといった。
私は心情的には、言った方がいいと思ったが、
本人が、リハビリ始まったら、
連絡するというので、みな伯父には告げなかった。

が、しかし、この状況、ますます言えないまま日が立ち、
逆にいいづらい状態が続いてしまったわけで、
私は、いつ伯父から電話で、連絡取れないけど、何かあったか?
といわれるんじゃないかとびくびくしていた。

妹に、母の手帳から、伯父のところの長女、
私にとっては、歳の近い従姉の連絡先を探してもらった。
ようやく見つかって(脈絡なく書くから・・・)、連絡をした。
留守電だったので、母の件で言っておきたいことがあるといれて。

何度目かの電話でようやく話ができた。
母が、高齢の伯父に心配かけたくなく、連絡しなかったこと。
危ない状態もあったけど、今は大丈夫なこと。
寝たきりのこと。意識も鮮明でないことが多いこと。等々。

従姉が「大変だったでしょう~、
連絡してくれてよかったのよ~
父は、(亡くなったいとこたちの件で)病人なれしているから、
大丈夫よ。一番かわいがっていた妹のことだから、
すぐ飛んで行くよ。私から父に伝えるから。」と。
それが、昨晩10時。

本日、9時すぎ。電話。
「なんで娘に連絡して、君が直接、僕のところに知らせないんだ!」
と伯父に開口一番叱られた。そうなんだよ、私、かわいがってもらったのに・・・
「ほんとうにごめんなさい」
病院の場所を知らせた。
「3時には行くから」

さすがに、お歳のせいか、飛ぶようにはこれなかった。
3時半。伯父が病院にきて、開口一番、
「あんまり痩せていないし、顔色もいいね。
よかった。時間はかかりそうだが。」
「一人暮らししていたから、心配していた。
よくなかったんじゃないか。」といわれた。

それでも、「来週、また来るから!」と言って帰った。

とりあえず、ほっとした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

母、わらう

母は転院して、午前、少し。
午後40分くらい。
リハビリしてもらえるようになった。
やはり、起こして、体を動かしてもらうのは、
良い刺激のようで、ひどくしっかりした
感じを受ける時間が増えた。
もっとも、ぜんぜんな日もあるのですが、、、

一通りの関節動かした後、
座る練習をします。で、次が、車いす。
ずっと、座るだけだったのですが、
初めて病室の外に出ました。
短い廊下を行ったり来たりだけど、
その間しっかり目を開けている母に、
うれしくなりました。

中には、目をつぶった顔しか知らない看護師さんもいるので、
「きゃ~、目があいているんですね~(^^)」と喜ばれたりして、、、
目をつぶりそうになった時に、リハビリの先生が、
「目をつぶっちゃだめですよ!ビール飲めるようになりませんよ!」
といったら、えらく受けて、顔じゅうで笑っていた。
妹と「笑ってる!笑ってる!」って。
なんだかんだで、4時間も目を開けていてくれて、
なんか希望の持てる日でした。
記念撮影しちゃいました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

重い話

親しくしている友人のご主人。
仕事の関係で、離れて住んでいた。
昨年、がんがわかったが、その後、
大変進行が早い特異なタイプとわかる。
すなわちすでに末期。肝臓にも肺にも転移していた。

抗がん剤治療等、あちこち探し歩いたけど、
春先には、ちょっと体調よさそうでしたが、
この半月、急に悪くなったと。
こちらも忙しく、あちらも離れて住んでいる方に出かけてで、
面と向かって話す暇もなかった。
ただ、「もしかしたら、急に子供のこと頼むかも・・・」
「そのくらい言ってよ。見に行くから。」
という話だけはしていた。

週末、メールが来た。
今の病院を退院して、近所に連れて行きたい。
夫の信頼している今の医者と
同じ抗がん治療をしてくれる医者はいないかな?

ホスピスなら、ある病院があるが、
そこは、紹介状か、強いコネがいる。
ちょっと逡巡したが、私が、喘息の薬をもらっているところは、
そこと提携関係をうたっている。
最近、往診も力を入れているし、
評判がいいとは言い難い(ちょっと変わっている)
しかし、彼女も風邪などで行って、
知ってはいるし、嫌いじゃないと言っていたので、
「あそこは?」とメ-ルした。

友人は、週明けに行って相談したらしい。
すべて、うまくいきそうな話で、
しばらく家族水入らずで過ごしたい彼女の希望と、
夫の希望の今の医師の方針のがん治療を継続してくれ、
かつ、ホスピスのある病院の
がん専門医とも連絡を取って、
危急の事態にも備えてくれるらしい。

その話を終えて、スーパーに買い物に行ったところで、
母の病院からの帰りの私とバッタリ。
「いろいろありがとう~」
「うまくいきそうならよかったね」
「ね、ね、今日なら子供は実家の父が、
見てくれるから、急だけど飲みに行かない?
夫が退院して来ると、出歩けないから。
電話しようと思ったのよ~」
きっと、話をする相手がほしいんだな~と思い、
「いいよ。ダッシュで、夕飯作って、8時から飲もう」

お酒を飲みながら、
余命の話をされたことなど、
義母にどう伝えるか、
子どもたちにも、もちろんそろそろ告げないと、
なんて話をした。
この先の病院代、生活費(自営なのだ)
そんな心配と、病院の手配のあれこれを冷静にしちゃった話。
現実は、シビアで、センチになっている暇はないのだ。

自分が逆の立場だったら、、そう考えたら、
辛い。友人の子どもたちだって、
まだ、父親を失うには、早すぎるよな~~

そんな話ししながら、酔えないよな~と、帰るのであった。
ふぁいと>友人 ふぁいと>わたし
少しでも長く生きろよ!>友人の旦那!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

歌舞伎鑑賞教室

国立劇場のそれは、パンフももらえて、
3800円。時間も2時間弱で済むので、
案外いいかもと、まひるの分と二枚買いました。

でもまひるが、断固としていかないと言い張るので、
高校時代の友人を誘うと笑われました。
「あら、私も娘にそろそろ歌舞伎を見せようと、
bunnkamuraいったのよ~
なんか同じことを考えるのね~」

さすが30年以上の付き合い( 一一)
似た者同士ね。で、昼は、肉が食べたいというので、
銀座コアの「しゃぶせん」へ。
一人に一つのお鍋で、しゃぶしゃぶなのね~(^^)
なかなか満足度が高かった。
すすめられて小豆粥をいただきましたが、
おいしいね。まひるを連れてこようと思うのでした。

座席は二階中央。1階は、高校生の団体が大半でした。
演目は、「神霊矢口渡」 主役は、片岡孝太郎。
前の席と横の席が、外国からの観光客で、
始まったのに、写真を撮っているので、
まずいな~とおもったら、係員が飛んできました。
すぐに、やめたけど。焦った。

クライマックス、
一目ぼれした男のために、父親に正義を説く娘、
けなげなんだけど~、実際、そんなこと、あるかな~?
少なくとも私の人生にはなかったな~と思ったら、
(また、このシーンが長い!まだ続くのかと、何度も思った)
片岡さん、きれいだった。
悪役は、神霊に殺されちゃうしね~めでたし、めでたし。

友人は、「このくらいがいいよ~」とのたまうので、またがあるかも。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

体育祭後記

体育祭、気がついたら、写真400枚以上取っていました。
連写したのを送りながら見ていると、
ビデオのコマ送りのようで、おもしろい(*^_^*)

れおは、その中心に確かにいました。
どの競技も、実行委員として、係の仕事で、
立ち働くのさえ、中心でした。
ムカデ競争で、他のチームは、ゴールしたのに、
まだ、3分の1ほど残っていました。
そうすると、ゴールしたチームの子が、
「応援してやろうぜ!」と、
「れお!れお!」
れおコールをはじめました。。。
なんで、チーム名じゃなく、れおなんだ~
ちょいと恥ずかしかった。

れおも開き直って、優勝の時みたいに、
歓声にこたえながら、両手を振ってのゴールでした。
けが人が多く、当日にさえ、あれこれ組み直しの中で、
みんなに愛されて、その中で、精一杯がんばったれお。
チーム優勝も、応援合戦も勝者にはなれなかったけど、
いい中学生活だよね。幸せだね。

遠目になんだかつまらなそうな顔ばかりしていたまひる。
でも、望遠で撮った写真の中で、
ダンスの折、カメラに向かって微笑んでいて、
ああ、苦手なダンスを頑張って、微笑んでいる。
少しは、楽しんでいるんだよね。
そう思ったら、うれしかった。

主人の父も来てくれて、
「れおが、イメージと違う。
もっと、おとなしい口数の少ない子と思っていたけど、
がんばっているし、
仲間に愛されているんだね~」
といって帰って行きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クローバー

こんなのをニュースで見つけた。

その前日、ニフティ時代からの友人から、
カードなどと、四つ葉のクローバーが届いた。
彼女のことだから、わざわざ探したのだと思われる。
私や母のために、本当に、心配をかけているだけでも、
申し訳ないのに~(T_T)
本当にありがたいことなのでした。


そのクローバーが、もっと大きな幸せを運んでくれた気がしたニュースでした。
ほとんど花のように見えますね~
四つ葉の5倍とちょっとの幸せを運んでくれるような気がした。
それにしても、遺伝って不思議ですね~
多葉を固定化して、さらに増やすなんて、、、
神の領域だわ~偶然で済ますにはあまりにも・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

映画「ザ・マジックアワー」

まひるが、体育祭の振り替え休日だったので、
「ザ・マジックアワー」を観た。
公開開始すぐにみるのは、珍しい。

平日だったけど、映画館は、そこそこうまっていました。

三谷監督は、同年代。彼の方が少し下だが。
しかも同じころ、同じミュージカルとか、
観ているんだよね~
だから、すごく楽しんで作っているのが、
わかるな~注意してみてないと、
あんな映画、こんな映画へのオマージュを見落としちゃう。
(まひるは知らなくても楽しんでいたけどね。)
けっこう笑えるし、楽しい時間を過ごしました。

「インディー・ジョーンズ」の前売り券を買って帰ったとさ(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

母、病院移る

もともとの私たちの希望通り
「よくなって、もう一度、前の病院に戻り、
リハビリをビシバシする」
前の病院に戻りました。

朝、体育祭の振り替え休日のまひると、
母のもとへ。病室のフロアに着くと、
母が、ストレッチャーで、降りるところだった。
妹二人はもうついて、会計に片づけに、
バタバタしていた。

看護師さんたちへのあいさつもそこそこに、
(脳外科の人たちにも、ちゃんと挨拶したかったな~)
タクシーで、2メーターほどの病院へ。

(ところで前日は、秋葉原での惨事。
ERがあって、秋葉原に近いこの病院は、
さぞかし騒然としたことだろうな~
ニュースを見ながらそう思いました)

母は、もといた階には戻れず、
別の階ですが、ナーススーテションの隣。
個室。なんだか、あれこれが、ある程度、
最新だった大学病院からみると、旧式で、
不安になる。と、担当の看護師は、脳外科出身と知って、
ちょっとほっとする。先生たちの配慮だろうと、察する。

ある程度、落ち着くと、弟、妹と帰って行った。
もっとも、二人は、午後と、夜、出直すのだが。
私は、まひると1時過ぎまでみて、
まひると、映画に行く約束をした。

途中から退屈になったまひる。
TVみていいよと、TVをつけると真剣にみるのであった。

希望と、不安をのせた引っ越しなのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

体育祭

体育祭
後ろむいてますが、れおです。
応援風景。

大勢の方に、れおの頑張りをほめてもらいました(^^)
中学最後の体育祭。
けが人続出で、リレーも最初と最後を走っていました。
体育祭男の面目躍如!
クラス全員のムカデ競走は、先頭で、何度も転んでいた。
おかげで、ビリじゃん!残念。。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

たいやき

たいやき
母の病院からの帰り、少し散策しました。小川町でみつけました。神田達磨。
ちょっとかわっているでしょ(^O^)
まわりは南部煎餅を思い出させ、パリっとした感じも味わえます。
すごいおいしいです(^O^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日のお買い物

今日のお買い物
開き始めた薔薇がMUJIで安かったので、
半分母に。わが家はプリンカップに挿してみました。

黄色いバラって、明るくて好き(*^_^*)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

病院の窓から

病院の窓から
今日、明大がパレードしていた。6大学野球?

すごく薄く東京タワーが写っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

母またもお引越し

脳外科ですることはないということで、
整形外科の方へ移動。
お隣に、「moving」といったら、びっくりされたので、
moveは引っ越しには使わないのかな?と疑問。
母の歳を聞かれたので、(まだらぼけみたいで、同じことをきかれるの)
「74」というと「so yang」といわれた。
そう、おばあちゃまに比べたら、ぐっとぐっと若いのだ~

ずっとCCUで隣だった方に、なにも言わず行くのもと思って、
銀座の「あけぼの」にたちより、
(気張らない感じの花束(500円でかわいいのを売っている店があるので)
それをと思ったけど、店が開いていなかった。。)
銀座メロンという新作のお菓子2個を買ってみた。
(手巻きなっとうというおかきと、
もちどらという小さいどら焼きも買った>ひとりでたべちゃったよ~)
「移ります。回復を祈っています」とメモをつけて。

お掃除とか、手浴、足浴をしてくれていた助手のおばさんに、
「本当にお世話になりました」と挨拶したら、
「お元気でね。ご家族の方が倒れちゃうから、健康に気をつけてね」
もちろん看護婦さんたちに、やさしい言葉をかけていただきました。
ほぼ、1か月お世話になったのでした。

移動。たったワンフロアですが、雰囲気も違う。
何より驚いたのは、酸素吸入のつなぎ方が、
ベテランと思われる看護婦さんが、知らないようなの~( 一一)
ついてきてくれた脳外科の看護婦さんが、
教えてくれて、チャンとつながりましたが。
で、あれこれが、脳外科と違うのに驚く。

吸入や、流動食の経験があまりないみたいで、
3人で組んで、おっかなびっくりやっている。
こっちが、おっかなびっくりだよ~(T_T)
すぐに脳外科に戻りたくなった~
妹も来て、ちょっとびっくりしていた。
感じが悪い看護婦さんではないけど。
あまりに違うので驚いた。

脳外科では軽症の方に入っていたけど、
整形に来るといきなり、かなりの重症者になった。

少し前にもともといた病院に戻るかと聞かれたので、
戻りたい旨は伝えてあったのですが、
「9日に転院の予定になっています」とのこと。
はじめて聞くが、、、、来週じゃない!
このまま戻って大丈夫なのかな~不安は募ります。
眠り姫の母なので。

リハビリはビシバシやってくれるだろうな~


| | Comments (1) | TrackBack (0)

MUJIのお楽しみ袋

久しぶりに早めに母の病院から解放されたので、
有楽町によって、MUJIへ行った。
偶然、お楽しみ袋を置いてあって、
(ちょうどはじまったばかりなのかな?)

いつもどおり、ステーショナリーと、ヘルス&ビューティを
各1050円で買った。
文具は、重かった。中見えるから、安心。
それでも開けてみている人がいたけどね。

文具は、A4のクリアファイルダークグレー、
カラーペンの4色セット。サインペン青。
オレンジと、ピンクのノックペン(インクの色だよ)
B5のルーズリーフノート、A4、B5のルーズリーフ中紙、
システム手帳シリーズのスケジュール帳、無地メモ、金銭出納帳、
バックインバックの文具入れ。メッシュのペンケース。
メディカル通帳ケースと、チケットケース。
盛りだくさん(*^_^*)

ヘルス&ビューティは、マッサージオイル2本。
ローズマリーのハーブウォーター。りんごのお香。
化粧ポーチ2つ。バックインバック。ボディクリーム。
消毒用アルコール綿。マニキュア1本。
どちらも1000円にしては、盛りだくさん。

買い物したかったのは、長年使っているスクラブ入り洗顔料。
衝動買いしたのは、100円の「ふぞろいな付箋」
工場で裁断のおりに出た、半端がたくさん入っているんだよ~
結構ちゃんとしたものです。

ちょっとは、うれしいのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんだか

先日、すっ飛ばしてしまった予約の代わりに取ったとき、
6月末では、薬が、その前に無くなってしまうので、
処方箋出してもらう日も予約したのだ。
その日を忘れてしまった(>_<)

朝から、取り直し依頼。。。自分で、自分が馬鹿だと思う。。。

母のところへ行くと、父がいた。
全然、目を開けないのですよ。。。。
ずっと、手のマッサージをしたりして、合間に、
放送大学の提出物の「数学再入門」を読んでいた。
やはり、朝、少し放送授業を観ておいたら、
わかりやすい。。。難しいんですが、、、

そろそろ交代の妹が、来るな~と思っていると、
仕事のうえで、うちの両親が、世話になった人(故人)の
奥様と、息子さんが来た。。。
そもそも、私なんか、その方の見舞いに何度か来たから、
今の病院知っていたんだもんな~
(あと、妹が、交通事故起こして運ばれた病院でもあるけど)

父が、漏らしたらしい。いや、病院を言ってしまったので、
そこから、調べてきたらしい。。。。(-_-)
少し、強めに母を起こす。
「○○さんの奥さんが来たよ!お母さん」
と、あれほど目を開けなかったのに、開けた。
二人は、見つめあって、互いに涙を浮かべていた。
歳もそんなに違わないからな~

実際、その方より、都内に住んでいる伯父とか、
母の古い友人とか、そういう人に知らせて、
来てもらうのが、母の刺激になるような気がして、
知らせちゃおうかな?なんて思っていたとこだった。

隣では、「西の魔女」な方の息子さんがきて(もちろん年配の男性です)、
(ハーフでしょうが(^_^;)、小柄で、日本人が色濃い感じ。
娘さんの方が、とってもハーフらしかった)
英語で、お母様に、ガンガンにまくし立てていた。
もっとも、すごくシンプルでわかりやすい英語なんですが。。。

家に帰るためにも、少しリハビリをハードにしてくれる所に、
移った方が、いいだろう。ここが(パンフをみせて)いいと思うけど、どう?
なんて会話をしていた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

銀座ザクロ

銀座ザクロ
親しい友人から、「忙しいだろうけど、おいしいもの食べようよ」とお誘いで、予約もしてくれた。
3人で和室でたくさんおしゃべりできたよ〜(^O^)
ホッとできるひとときでした。友人に感謝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カルミア

カルミア
ツツジ属と書いてありますが?
変わった花の形ですね。

子どもたちの保育園が移転して、その玄関脇にありました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

なかなか

少し前ですが、先生と懇親会をした日、
まひるは、学校で泣き出したらしい。
そして、トイレにこもってしまった。。。
ここまではよくあることなのだが、
昨日になって知ったのだが、

某女性の先生が、ドアを開けないまひるを心配して、
ドアをよじ登って中に入ったらしい(^_^;)
(その前に開けろよ!な話だが、>まひる!)

そして、泣くならちょうどスクールカウンセラーさんが来ているから、
そこ行ってきな~と送り出していただいたらしい。
それは、ある意味、ラッキーだったかもしれない。
スクールカウンセラーには、好印象を抱いたまひるでした。

よじ登ってくれた先生に、私は、
懇親会では、さらっとした挨拶しかしていないよな~
ちょっと、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

そもそものきっかけは、体育祭の練習なんだよね。
まひるは、弱いな~
対照的な兄、れおは、応援団長である。
まひるに「クラスの子、お兄ちゃんかっこいいね~、
っていわない?」と聞くと
「クラスの子も、2年の子も言っているよ(^^)」
そうだろうそうだろう。体育祭男だから、、、

今週は、水曜日、まひるの心理。
木曜日、母の心理の先生との面談。
金曜日、思春期外来。
なんと三連チャンだった。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2008 | Main | July 2008 »