« November 2008 | Main | January 2009 »

大晦日&おせち

ちょっと、さかのぼるけど、
覚えのため。

大晦日、朝の3時まで年賀状の原稿を作っていた。
いつもなら、このまま印刷して徹夜だが、
更年期が原因と思われる、耳鳴りも手足のしびれも
だんだん強くなっているため、寝てしまう。

10時前、何とか起きて、印刷を始める。
インク切れになりそうで、インク交換。
しかも最後の一つだ。と、変な角度でひっかかった。
とれない~(T_T)夫に応援を頼む。
何とか取れたが、今度プリンターが、交換を認識しない(-"-)
ま~、印刷できるからいいか~

最後の一つなので、念のため、ビックカメラに行こうと思う。
ついでに、年越しそばの天ぷらだけは、銀座の名店のにしたいし、
伊東屋か鳩居堂に寄れたら、お誕生日が過ぎたが、
友人にちょっとしたプレゼント送れるし、、、
というわけで、掃除のあれこれを夫や娘に頼んで、
銀座へ。

交換インクを買い、松坂屋へ行き、てんぷらを買う。
ついでに、切れちゃったお醤油と、近所で見かけなかった
少しいいいかの刺身を買う。
こんな日でも、ねんりん屋さんのバームクーヘンは行列です。
改装したら、やはり客足が伸びたみたいで、よかったね>松坂屋さん

鳩居堂、混んでいたが、ダッシュで見るが、
ここならではというので、いいのは見つからず。
伊東屋へ。ここも混んでいる。
和紙のポチ袋とか、見ているだけで楽しいぞ!
と思いつつ横目で通り過ぎる。
ギフトコーナーは、目の毒だらけで、
物欲が爆裂しそうだったが、抑える。
伊東屋直輸入のちょっと上品系コーナーで、物色。
レジ横が極悪で、ポチ袋とか、ミニカードとか、クリップとか、
ボタンとか、つい手が出そうである。

3時前、帰宅。プリンターの面倒みながら、
おせちの用意を始める。

今年は、お煮しめは、自分の作ったのを食べたくて、
泥ごぼうや、泥つきの里芋を求める。
まひるが「もう洗ってあるのでいいじゃヤン」というが
「全然味が違うから、ママは、こっちで作りたいの(*^_^*)」
で、タケノコ以外の根菜は下ごしらえしたら、次々、電子レンジへ。
鶏も下味をつけて、フライパンで、次々炒めていく。
そして、煮つける。レンジで、下ゆでしてあるから、
時間が短くできました(^^)

まひるに手綱こんにゃくの作り方をおしえました(^^)

次に、TVでみたスピード栗きんとんを作りました。
焼き芋を買い、皮をむいて、色の悪いところは取り除き、
フォークでつぶします。フライパンに、栗の甘露煮を汁ごと入れ、
温めます。温まったら、お芋を入て潰しながら、かき混ぜて、
焦げ付かないようにします。これだけ!(*^_^*)
子どもたちの評判は、「色が悪いけど、おいしい(*^_^*)」でした。
栗の甘露煮の味に左右されるので、来年は少しいいのにして、トライしたいな。

次に、なます。これは、かつらむきした大根から作りました。
刺身のつまも、市販のはいろんな薬品に漬けて、
色が変わらないようにしてあったりするとわかったので、
つまの分ともども、しっかりかつらむき。
考えたら、ちゃんとかつらむきしたの生れて初めてかも。
結構うまくできましたよ(*^_^*)v

同じく、細く切った人参少々と、
塩を振り、よくもみ、水分をしぼり、
砂糖を適宜振り、半分のゆずを絞りいれます。
これだけで、おいしいなますができました。
私、酢の味のなます苦手なのですが、これはおいしかったです。
小鉢に一つ分くらいさっと作れました。

夕方、子どもの飲み物を買いに行きがてら、
年賀状を投函。
生協でお正月用に買った分の日本酒と、
焼酎を夫が飲みきったので、その分も買う。
(飲みすぎだよな~(-"-))
TV観る間もなく、過ぎて行ったのでした。

れおは、お友だちと初詣と、出かけてしまいました。
だんだんこんな年越しになるんだね。

お正月、何年振りかで、
自分で作った煮しめはやはりうまいな~と、
しみじみ思った新年でした。

あとは、いつも通り、豚の角煮を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

つれづれに

忘年会は、PTA役員のと、古い友人グループとの、
そして、保育園から一緒の友人と二人でと、
3回。あ~、あと実家の父と、うちの家族との。
だから、4回か。

母の病院行きながらだから、
よく時間作っていったな~という感じかな?
あとは、療育のお母さん仲間とのお茶会するつもりだったけど、
無理だった。

今月は、まひるの心理セラピーと、
思春期外来と、療育と、三回先生との面談があった。
いずれの先生も、「成績は目をつぶって、生活面や、
将来の飯のタネにつながることに力を、、、」
ん~だけどそれには、高校選びが大切かと思うけど、
まひるは、ペーパー試験で点の取れない子だから、
推薦で私立と思うと、内申が気になるところではあるが、、、
音楽以外は、あひるさんの大行進だった(>_<)
相対評価ならあきらめもつくが、
絶対評価でこれって、、、、
あんた、どんだけ~~(T^T)

あと、本人は困った感が薄いせいか、
三人の先生が声をそろえて、
「スクールカウンセラーを活用してください」と、
いわれてもぜんぜんいかないのだ(-"-)
こちらであれこれお膳立てしないといけないのか~(-_-)

PTAの役員の忘年会の時、(そんなに立派なものではなかったが、)
一年の担当の先生に、
まひるが、ボイコット事件起こした後だったので、
「御手数ばかりおかけして申し訳ございませんでした」
といったら、「まひるちゃんはいいですけど、お兄さんの方が心配では?」
(いろいろ聞いているので、、というニュアンスであった)
って、お~い、れお、あんたもどんだけ~~(T^T)

れおといえば、「ここ数年、サンタさん来ない!」とぬかしおる。
小さい頃は、パパ&ママから+サンタさんという感じで用意したが、
ここ数年、金額の大きいものをほしがるし、
サンタは両親だとわかっているから、
両親からの以外はあげなかった(;一_一)
あとは、じじばばとか、おばさんがくれるわけだが、
今年は、もろもろ期待薄であるから、
申し訳ないな~とは思うが、

春先に携帯壊して、母は二台分の代金を
いまだ払っているんだぜ(-"-)
それに、夏に買った自転車、
鍵かけずにその辺置いといて、
無くなった(-"-)凸って、どういうことよ~(>_<)
CDラジカセも壊して、買い換えたのが先日。
そんなもろもろを置いといて、プレゼントほしいのか~
というわけで、少し手配が遅れてクリスマスに間に合わなかったが、
「ドラゴン桜」を10巻まとめ買い。

珍しくというか、小学校時代も自分では片づけたことのない
机周りをすごくきれいにした。
(すごいゴミの量ではあったが)
なんだやればできるじゃん!

と、片づけたのは偉いのだが、
「ブラディ・マンディー」と、再放送していた
「プロポーズ大作戦」を録画して、何度も観ているのは、
受験生としては、どうよ~?

まひるは、スキーキャンプに行くので、
もうそれがプレセントという感じ。
だいたい何個もプレゼント買える。
しかもあれこれが、小さくなったので、
買い替えだ。その買い物の折、大きい自分のバッグを
ほしがるので、アディダスで、
半額以下になっている中から、
ブロンズ色のバックを買った。
ついでに、自分にもななめがけの
三日月型の白いエナメルのものを買う。

それなのに、父が、いろいろうるさい人だからと、
ネットで見て予約した店の様子をちらっと見に行った。
そしたら、数メートル先で、レスポールサックのバックが、
全品2割引きなんて言うのをやっていた。
見るだけのつもりが、、、
1万円のバックを買ってしまったのであった。
黒エナメルのななめがけ。ああ、鬼門。バック屋。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

梨木香歩さんの作品

なんだか、11月おわりから12月は、
梨木さんの作品に没頭していた。

若い日に海外生活をした彼女は、
「宗教」に深い思いと、知識があり、
作品の端々に感じましたが、
今回読んだ作品は、特に色濃く感じました。
(日本人は、宗教的には仏教と神教で
(しかもどこかないまぜで両方OKみたいなとこあるよね~)、
純粋な一神教の多いヨーロッパとは違うし、
同じキリストに派生する宗教でありながら、
さまざまな宗派があるし、他を受け入れない
厳しさみたいのもあるし、日本人のそれとは明らかに違う。
そして、なんだかその思いの差が、
引け目のように感じる時があるように思う、
日本人には。)


これは、「家守奇譚」に出てくる友人、トルコに留学中の友人の話なのである。

100年ほど前に、日本からトルコに留学した村田の
下宿先での交流を中心にした、
大戦をはさんだ時代の青春と友情の物語。
なんだか、摩訶不思議だけど、とってもいいのだ~
特に後半は、嫌でも時代の大きな渦に巻き込まれていく、
若者たちの悲しい運命に彩られ、
おもわず村田と一緒に慟哭してしまった。(T_T)


こちらは、筆者の英国留学の折の話。
実にさわやかな素敵な老婦人が出てくる。
筆者自身の青春のお話。

どちらも、本当にしみじみと、あとからあとから、
さまざまな思いが、私を包んでくれる。
おまわず、再読かけたり、言の葉の一つ一つ、
思いの一つ一つが、豊かに語りかけてくれて、
至福のひとときでした。

「西の魔女が死んだ」を二年ほど前に読んで、
気に入りながら、なかなか次の作品を読まなかった私の
背中を思いっきり押してくれた、極悪りうりうさん、ありがとう~(^^)
「りかさん」や「からくりからくさ」もよかったけど、
これらもよかったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マスキングテープ

マスキングテープ
あ〜
とうとう倉敷意匠のテープ買ってしまった。
ほしかったのは、英字のだったけど、
送料同じだからと、ドットやギンガムチェックもゲット。。。

だいたい久しぶりであったFちゃんが、
「なんかおもしろいのあった?」
というのでありのみさんにもらったカウプレの包装が
マスキングテープでいろんな色・柄があって使えるよ。
という話をしたら、言ってる私が、またぞろ、欲しくなったんだ〜(T_T)

使い倒してやる〜〜〜
これで、19本になった。>マスキングテープ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

親の心、子知らず

「このごろのまひる」をかいた翌日、
学校の先生から電話があった。

ある日、授業をボイコットして、
トイレにこもったらしい、、、(-"-)
さらに、実技の授業、作品を未提出2つ
「成績が、、、」
遅れてもよいので、やってほしいというので、
家でやらせたが、ほぼ完成のところで、
ある日、ゴミ箱の中に、、、(>_<)
本当に、やる気にならないと、こんなもの、、、、


なにをおもったか、まひるが
「ママって、ストレスなんかないでしょ~」
お前ストレスの意味知っているのか~!!!!(-"-)凸
「ママには、あなたのやることなすことストレスです!」
「あら、すみませんね~」ですって。。


れお、最近少し真面目に勉強をしている。
ま~内申は確定ですが、
私立なら、ここからの頑張りで、偏差値60超も夢ではない。
だから、滑り止め
(これが、何が悲しくって偏差値48なのよ~と、母はかなり不満)
の他にも受けたらと、私も塾の先生も進めたのだが、
「いやだ、受かっても絶対行かない!そんな学校受けても無駄でしょ!」
かわいくないぞ~~

塾の先生の進めた中に、ある大学付属の特進クラスというのがあって、
偏差値65、募集10人というのがあった。
たぶん、見間違えで、普通クラス(偏差値60)と勘違いと思われる。
普通クラスは、滑り止めと同じ受験日。
「で、あら、これは無理よね~受からんわ!」と私が言ったら、
れお「あれ~、じゃあうかったらどうする?」と
私、「うん、抱きしめてあげる」れお「けっこう!絶対、うけない!」
横で聞いていた夫、爆笑。
あら、いいじゃないね~もうちょっと、うまく進めたら、受けてくれたのかな?
本当に、残念だ~、偏差値じゃないと思いながら、
50の学校と60の学校じゃ、進学先にずいぶん開きがあるから、
少しでもいい学校に行ってほしいって、親心だよな~

| | Comments (2) | TrackBack (0)

このごろのまひる

まひるはここへきていろいろやってくれる。

母のところへ行って帰ってくると、
7時近いのに、まひる不在。
あちらこちら連絡すると、
そのうち帰ってきた。8時前(-"-)

携帯電話を持ち歩かないようなので、
解約するというと、嫌がる。
しかし、本当にしばらく見かけないので、
問い詰めると、無くしたらしい、、、、(-"-)
すぐ言えよ~
さいわいまひるの携帯は、登録して、許可した番号にしか、
かからないのだ。
このセキュリティが気に入って、持ってたと言ってもいい。
それにしても、これで2台目。
しばらく持たせる気はないです。

なんだか、文具や本をいつも以上に買っている気がして、
まひるのお財布をチェック!
上げてもいないのに、1万円!(@_@;)
結局、折り目をよく見たら、
私が変な折り目を(わざとつけたんですが)
つけたやつだった。
本当に、口を割らないので、まいったよ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ためいき

結局、木曜日と土曜日、熱を出して寝込んだ。
しかも、絶妙のタイミングで、生理も始まる。(-_-)

日曜日、朝、なんとか9時半前に家を飛び出す。
バスだとギリギリ10時に銀座4丁目に着くな~
とおもいつつバス待ち。
12時から、文京区の御寺で、従弟の三回忌の法事なのだが、
(母になり替わり出席するようなもんで)
母の見舞いに毎月のように来てくれ、
茶菓をそのたび持ってきてくれる従姉に
お菓子を持って行こうと思い、どうせなら、
うちでも食べたいので、モンシェシェの「堂島ロール」にしようと思って。

最近は、平日でも10時の開店より少し遅れると、
50人以上並んでいるので、なんとか開店直後に入って、
30番目くらいで買いたいという狙い。
日曜だから、混むかな~?と思いつつ。

少し遅れたバスを銀座四丁目で降りると、和光の鐘が鳴っている。
「うわ~」と思いながら、目の前の地下鉄の入口から、
三越の地下の入口に走った~。
三越は思った以上に混んでいる。
人をかき分けかき分け、最後尾。とりあえず、40人よりは前。
あっという間にさらに40人くらいは並んだ。

夕方までの取り置き2本と、法事に持って行く2本をゲットしたのは、
40分後であった。やれやれだ。
伯父に和菓子も買い、文京区へ。
予定より早く着いてしまった。
途中に、マックも、スタバーも、ドトールもないからな~(;一_一)
しかたないから、自分でお茶を入れて、他の人が来るのを待つ。
従姉は、行列しないと買えないのを知っていて、喜んでもらってくれた。

順当に法事は進み、会食は池袋へ移動という。
タクシー三台に分乗。東武デパートの中だけど、
ここもすごい人だった。会食も楽しく進む。
窓から、秩父連峰がよく見えて、
「あれ、山って近いんだね~(^^)」なんて話をする。
「1時間半も車で走れば、着くわよ」
さすがに、海側のうちからは見えない景色で、
ちょっと楽しかった。昼のお酒はよく効く。
伯父の「長生きしてもなんの楽しいことがあるものか」という
この頃の口癖をまた聞く(T_T)
母のところへ行こうかと思ったが、解散の頃には、
お疲れで、まっすぐ帰る。

銀座で、取り置き分の堂島ロールを受け取り、
家路についてのであった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

このごろ読んだ本

宮部みゆき「ぼんくら」の続編になります。
三冊か~とボリュームにため息をついたんですが、
あっという間に読んじゃいました(^_^;)

ぼんくらの登場人物たちのその後、
たくましく感じたり、悲しかったり、、、しみじみ。


群ようこ「妖精と妖怪のあいだ」
絶妙なタイトルですね~
女流文学の世界で、先駆的に生き抜いた平林たい子を
描いて絶妙じゃないでしょうか?
食い足りない気がするのは、もうちょっと、
中年、晩年の作品もしりたいかな?
平林たい子の作品的には、
前半だけでいいってことかともおもいつつ。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

面談

三年最後の面談のはず。。。。

れお、この時期に平均に届かず。
まあ微妙な点数なんですが、届かないに変わらず。
成績もさらに内申点2点落としました~(T_T)

二年の時にすごく頑張ったので、息切れを心配したら、
その通りになっちゃった~(>_<)
どうも、彼女もおり、多少浮かれたかも。

それ以上に、生活態度を厳重注意されました。
場合によっては、推薦状を書きませんと、、、
反省して、出直すようにと>もちろん本人向けで、
私への別フォローはありました。

最近付き合っている子たちが、どうもぬるい子たちで、
それが、一番良くなかったといわれる。
そうなんだよね、その前に付き合っていた子たちは、
抜群に頑張って、成績伸ばしているんだもの~
痛いな~(-"-)そういうのに影響されやすいうちの子ったら、、、
とにかく勉強しろって!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

このごろ

母は、元気です。
家族にはいい顔しなくっても、
看護婦さんや医師にはいい顔してます。
社会性があるということで、良しとしよう。

手を振ったり、ニッコリして喜ばれています。
介護認定の面談に来た人には、
ぴくりともしなかったが、、、

母は、最近、脳外科の4人部屋です。
うち二人は、人口呼吸器がついたりして、
母より重症という感じで、
ご家族もお見かけしません。
共用ロッカーをあけると、
おむつの買いだめでいっぱいなので、
ご家族がいないかいても遠方か、、、と思います。
で、もう一つは、短期の人用で、
手術から数日の方がほとんど。

で、この数日がたいへん!
たいてい最初は、妄想やら、夢と現実の区別が、、、
病院にいるのが分からず、帰りたがって、
動くの禁止なのに、ベットから降りようとする。
こちらもだんだんわかってきて、母のそばにいて、
看護婦さんいないときは、基本、お相手係(^_^;)

母の管ものをベットから手をのばして、引っ張ろうとしたときは、
命にかかわるので、厳重に抗議しましたが、
看護婦さんは本当に大変。
5分置きに、拘束を取って!と叫んだり、
包丁を持ってきてと言ったり、
そのたびに「あとでね。」とか、「先生にきこうね。」とか、
「もうすこしいてほしいな~」とか、
たいていは、数日で落ち着き帰っていかれるのですが、
脳を切るって、本当に大変なことなのだな~と思います。

それに応対する、若い明るい看護婦さんたち。
本当に、「今どきの若いもんは・・・」なんてセリフは出ません。
頭が下がります。手際良いし。

母なんか、しゃべれない分、かわいいもんです。
基本動けないし。。。
来週は、また、転院です。

私はといえば、風邪をひきました。
咳が出始めたので、点滴。。。。(-_-)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うかつでした続

まひるの予約の件は、当日、まひるに言うのを忘れたので、
まひるの学校に昼休み電話を入れて、伝言を頼む。
それでも、学校を出そうな時間に学校の近くで待って見たが、
来ないので、行き違いかと思い病院に行くと、
やはりついていない。

予約時間であったので、学校に時間を入れるとまだいた。(-_-)
連絡が通じていないのであった。。。
少し、待たせてしまったが、産休の心理の先生と初めての面談。
好感触であったらしい。ほっとする。


妹の予定が狂うという非難を一身に浴び、
翌日、母の付き添い時間を大幅に変更し、
婦人科へ。

ちょっと待ったけど、それは、私が遅れたせいで、
次の時間の予約の人が、前に行ったせい。

婦人科の主治医は、開口一番
「金曜日来ないから、どうしたのかとおもった。
だいたい、次の予約なかなか取れないぞ~って、
心配したのよ。でも、窓口で直談判なんて、
一番いい手を知っているわね。
しかも今日は、比較的ゆったり取っているから、
早いけど、がん検診していこうか?」

長年通っていれば、電話で予約頼むより、
総合の予約センターで頼むより、
科の受付窓口で、
直談判が取りやすいぐらい知っているさ(^_^;)
どこかに余裕の日があり、それを取れるPCは、
限定するようにしないとシステムとして、
融通がきかなすぎると思うのよね。

で、予約がオーバーしがちな科にかかっていると、
感覚的にそうなっているのに気がつくさ。

けがの功名というか、、、(^_^;)
というわけで、早めのがん検診をすませて帰ってきたのであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うかつでした

金曜日、雨の中、放射線科の術後5年検診だった。
無事、無罪放免。もう行かなくっていいんだと思うと、
ちょっと寂しい。一番いろいろ言いやすい先生だったから。

で、本当は、その後婦人科にまわり、次の検査の日程を決めるために、
先生と会わないといけないことになっていた。

しかし、腕のしびれとかで、整形外科行きたいと思って、
放射線科の先生に相談したら、
前の診療の続きで予約取れるから、
取ってから帰りなさいと言われ、
あと、売店に一番近いところで、
ここの病院はクリスチャン系だから、
カードとか、気の利いたのが多いので、
入院中の従姉様に見てみようと寄ったら、
すっかり傘を忘れ、かつ、婦人科の予約を忘れ、
会計した後、整形外科の予約を取り、傘を取りに行ったら、
婦人科は頭になかった。
しかも、それに気がついたのが、夜だった。(-"-)
うかつすぎるだろう>私

で、日曜、我が家に来訪者。
役員やっている件で、陳情に明日行くから、一緒にと。。。
気が乗らないが、協力しないとね。。。

で、月曜日。病院に近い役所へ。

うちの近くの駅、朝、殺人的に 混むのだ。
駅の計画の後に、数万人の社員抱えるオフィスビルが建つのだもの。
出入口は増えたのだが、とにかく使い勝手が悪い。
しかも、屋根つきの動く歩道の橋を大半の人が使うので、
ここへの道が又、逆走できないほど混むのだ。
だから、これを何とかしたいというのはわかる。

でもって、オフィスビルの大きい道路挟んだところに、
50階を超えるマンションが、二棟以上たつのだ。
どう考えても逆送する人々が、数千人増える。
飽和状態が悪化するのは目に見えている。

で、うちの近所は、大半が明治以降の埋立地。
臨海。島と多くの地名につく場所がら。
橋がなければどこにも行けません。
防災上いるというのも、駅周辺の混雑緩和もわかるけどね。

でも、私が、かのオフィスに勤めていたら、
うちの方通ったら、大回り過ぎて、絶対通らない。
そんなところに橋をかけても意味ないと思う。
せっかく静かでいい環境のところに、人道橋といわれても
他のところがベストだと思うのだけど。
あるいは、今ある橋の歩道部分の整備が、ベターだと思うのだけど、
役所は強引に、ここに橋をというのだ。
しかも、地質調査はしながら、
橋の計画の近所への説明はないので、
なんどか、陳情に行っていらっしゃる方々がいるのだが。。。

今回初めていって見て、糠に釘というか、
時間切れになって、ズルズル、ゴーに
こぎつけたいの見え見えの役所の対応に、なんだかな~な時間を過ごす。
が、人生の先輩たちは粘り強く、あれこれと、陳情する。
ん~すごいぞ。

で、お別れした後、病院へ行って、予約の取りなおし。
「通常だと2月末まで予約取れません」(T_T)
予約センターで、ごねたら直接婦人科で、もう少し早い日を取れるように交渉してくれた。
「なんで金曜日、いらっしゃらなかったんですか?」
「カサにに気を取られて(^_^;)」

婦人科の受付では、「明日の三時ならおとりできます。
あとはちょっとさきになります。」(;一_一)

これで、昼。3時にまひるの予約で戻らねばならない病院を後にするのであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »