« バレンタインでした | Main | 合掌 »

乳がん まだ見ぬ友のために

最近、あまり増えないカテゴリーが、
「乳がん」だと思う。
忘れたわけでも、終わったわけでもありませんが。

古いお知り合いさんが、(お顔は知らないんだけど)
告知され(?)カテゴリーを読み返してくれたというので、
私も読んでみた。そして、少し不足を感じたので、、、


今思い出しても、一番重要なのは、
情報を集めること。
それが、戦う敵を知ることにもなるから。
そうすると、漠然とした不安からは、逃れられると思う。
また、医師の口からはじめて聞いたことより、
データーとして読んでおくと、聞き洩らしにくいし、
質問もできると思うので。
(よい患者は、医師に対して従順である必要はないとおもう)
メモは取った方がいいし、先生が書いた図とかあれば、
コピーくださいと言うと、たいていくれるよ。
質問や、コピーとかいやがるようなお医者さんなら、
ちょっと、かんべんだな~
(私のかかった病院は、小冊子をくれて、
そこに書き込めるようになっていた。
それだけ患者が多いってこと。
その人たちが、みんな仲間だと思うと心強いね)

診断で重要なのは、
クラスとか、性質(ホルモン療法が効くタイプとか否とか)
医師の考える治療方針。別の治療法は?
選択の余地も確認できれば。

私の頃は、(すでに5年余を経過しておりますので、
医学の世界では、一昔感があるかも)
センチネンタルリンパ生険(術前にリンパ節への転移があるか調べるもの)
をしているところは少なかったけど、
いまやずいぶんと増えているようです。
私の頃よりさらに、より切らない方へ動いているようでなによりです。
むやみに切るより、切らないで済めば何よりだ。

インターネットで資料集めすると、玉石混合だとおもいますが、
自分がこの5年よく読んだところをリンクしておきます。

国立がんセンター がん情報サービス

さまざまながんの情報収集に。信頼できるサイトです。

乳がんインフォナビ
主治医の名前で時々検索していると、
乳がん情報系にぶつかる(^_^;)

Vol-Net (患者の会)
大きい会とは違う温もりみたいなものが好きで、
こちらの会員になりました。
勉強会とか、参加してなんぼと思うのです。
が、今は時間を取れそうにないので、休止状態。

あとは、個人の患者さんのブログをいくつか。

乳がんの本もいくつか買いましたが、
この本、わかりやすくて好きでした。

今は、新刊本はないのかな?中古だけみたいだ。


振り返ってみると、同性の友達に
支えてもらったという感謝の気持ちと、
辛抱しなくなったな、私(^_^;)、、、
ストレスが、この病気の引き金になると思うので、
ストレスになりそうな我慢は、しなくなったね~
避けられるものなら、なるべく避ける。。。
ただし、子育て以外の部分。。。。(-_-)

乳がんは、切ってからが始まりという方がいます。
そして、それは確かにと思います。
長い治療の始まりであり、
人によっては、薬の作用もあり、
不安定感にさいなまされる方が、いらっしゃいます。
入院している間、頻繁に通院している間は、
守られている感があるのだけど、
通院の間隔とかあくと、
ちょっとした体調の変化に敏感になったり、
孤独や、再発の不安が、襲う。
そんな時は、どうか声をあげて、
不安を訴えたり、助けを求めてくださいね。
多くの経験者は、また、医療者は、
あなたの役に立ちたいと考えていますから。
あなたは一人ではありません。
忘れないでください。あなたを見守っている存在を。


もともと私を知ってここへ来てくれている方、
たまたまこのサイトを訪れた方、
あなたが、乳がん患者なら、
どうか、よい治療法、治療者に巡り合えますように。

|

« バレンタインでした | Main | 合掌 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/44064206

Listed below are links to weblogs that reference 乳がん まだ見ぬ友のために:

« バレンタインでした | Main | 合掌 »