« October 2010 | Main | December 2010 »

ハンドサイン

休日の朝、TVを何となくつけていたら、
アメリカのアポロシアターで、
評判になったというアマチュアのダンスグループが、出ていた。

ダンスの中に手話を取り入れて、
それが本当に感動的で、鳥肌が立った。
夫も、横で涙ぐんでいた。

若い子たちなんだけど、耳の不自由な人にも、
音楽の良さを伝えてくてといっていたけど、
本当に、すばらしいものだった。

外国で、まず評価される日本の若者って、
いいよね~その前日だったか、ピアノコンクール優勝の
のだめを地で行くと評判のピアニストさんもだけど、
元気のない、どうしょうもない日本の政局のニュースなんか忘れて、
一服の清涼剤。

ありがとう~、がんばって!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ひと足早く

女同士7人、忘年会をしようと話がまとまり、
ランチに丸の内ブリックスクエアの「青菜」という中国料理店へ。
内装も、中華屋さんというよりは、アンティックな感じでおしゃれ~~
お客さんもカップルと女性同士が多いような。
休日は、やはり社用族がいないので、余裕ですね。

点心コースにしようと決めていたのだけど、
店員さんから、「点心は、量が多めなので、他のコースも混ぜられては?」
のアドバイスに三コースを混ぜて注文。

「忘年会なんだからアルコールがなくっちゃ」と、
お姉さまからお声がかかったので(^_^;)
ワインを注文(紹興酒と言ったら、量が少ないと却下された)
乾杯したら、無くなったので、追加(^_^;)
が、料理がおいしんだけど、いかんせん肉まんなんか、
子どもの顔ぐらいありそうな大きさで(^_^;)
食べられるのか不安になる。

もっとも、○○姫ちゃんが食欲あるから~
でも、さすがに言葉少なにもくもくと食べておりました。
いや~、おいしく頂きましたが、お話も楽しく弾んで、
いつもながら、メンバーに感謝!
なんだか、首まで食べ物が入っている気のする満腹感。

本当は、お別れしがたかったんだけど、
お腹いっぱいで、お茶する気にもならず、
丸の内から東京駅、大丸まで散策してお別れ。
もう少し歩きたい二人で、銀座松坂屋まで行きました。

お目当ては、貴和製作所(ビーズとかする人には、有名どころ)
あと、XXI(トゥエンティーワン)なんだか、この若者向きのお店で、
銀座の人の流れ、変わったよね~、本当に安いし。
390円のピアスだけ買いました。
アクセサリーコーナー、すごいいっぱいあってびっくりだ~
安いし~(そればっかり(^_^;)

その後、スタバーを目指したら、斜め前に、
「せんねん灸」のショップというか、サロン風なとこ発見。
前にちらっと、ネットでみて、興味あったので、
客が誰もいないのにずうずうしく入っていく。
それで、お試しできるというので、
手のツボにせんねん灸をのせてもらう。
「ここは、肩こりとか、眼精疲労にいんですよ~」
「え~、それは、片手だけじゃなく両手をやりたいわ~」
と言ったら、反対の手にもしてもらった(^_^;)店員さんありがとう~

で、見たことないせんねん灸があったので、聞くと、
火を使わないで、3時間ほど貼るタイプとのこと。
それも、肩に貼ってもらう。おばさんは、遠慮がないね(^_^;)
手もだけど、じわ~と温まって、気持ちいいので、
今ならおまけも付くという火を使わないせんねん灸を買ったのであった。
1000円ほどだよ。で、またサンプルを入れてもらった。
ファンになりそう~だから、銀座は楽しいね!

それから、スタバーで、しばし休憩して帰ったのでした。
帰ったら、夫とまひるに、せんねん灸をするのでした。
ニュースは、ずいぶん物騒な北朝鮮の話だったのだが、、、

| | Comments (5) | TrackBack (0)

二の酉

二の酉、例年「かっこみ」を買いに行く保育園時代からの
ママ友にメールする。最近、学校が違うこともあり、
なかなか会えずにいる。

夜、そろそろ一人でも行こうかとしていたら、
電話がかかってきた。
やはり二人でも行こうとのこと。
待ち合わせて、波除神社に行く。
数人の参拝客と、熊手の売り子さん。
売り子さんの方が多いかも(^_^;)

かっこみを買い、おみくじを引く。
ここのおみくじは、小さなお財布に入れるお守りのマスコットが入っている。
六成瓢箪とか、軍配とかかえるとか、、
今年の私は、「ダルマ」(-_-)キーワードは忍耐。
ま~転んでも立ち上がるってことだから、よしとします?
これで何度目だろう?ダルマが、入っていたの。

私自身は、軽く夕飯を食べたのだが、
友人は、まだ食べていないので、
デニーズに入る。あれこれ悩みを(私は、まひるのこと、義妹のこと、
実家の母がらみの弟妹のこと。彼女も高齢の実家の親のこと、娘のこと)
語り合う。なんだか、重たいな~
それでも気にかかることが、少し晴れた気がした短いけど濃い時間だった。
ふぁいと!>わたしたち

| | Comments (0) | TrackBack (0)

現実は厳しい

まひる本人は、なかなか受験モードにならないけど
そんな本人は、置いていかれて、まわりは厳として、
ピリピリモード。で、三者面談が、学校であった。
模試の結果の安全圏と思われる女子高と、
希望する都立のチャレンジスクール(問題は、倍率が高いのだ(-_-))
で、希望を出すも、先生からは、安全圏だからと油断もできない、
もっと安全圏、あるいは、併願優遇(ま~推薦みたいなもの)をとれるところをと、
(先生が一番わかっていると思うけどさ~、
まひるの出席状況と内申点で、くれるとこないじゃん!)
希望をもっと下げろってか、、、(-_-)
下げてもいいけど、そうすると、学校が荒れてるって言うか、
ちょっと落ち着かない感じが、何んともいやなんだけど、、、
というとこが多い。

まひるにも、何度も言うが、課題提出が内申点を下げているんだからね~(T_T)
この期に及んで未提出のものが、あるのに気付く。
なんとかならんかな~とりあえず、出せば1は免れるのに、
出さないから~~、何がいやなのかな~~

翌日、私立の説明会行った。
時間がギリギリ(-_-)けっこう夏休み明けの説明会より増えている。
模試の結果を見せ、(内申の割には、偏差値がいい、あくまでも数字の問題だが)
どうだろうかとご相談、ただ、英語の偏差値は、本当に低いんだ。
それで、そこを突かれた。「この偏差値では、入学できてもその後が、苦労しますよ。
もう少し、一年に立ち返り、やり直さないと、、、」
「どこでつまずいたか、本人がわかっているのではないかしら?」
などと言われたら、まひるが泣き出してしまった。
ま~、努力していないんだから、言われても仕方がないんだけど、
親切で言ってくれているのもわかるが、、、
まひるには、辛かったみたいで、、、

やはり気は進まないけど、私立、もう一つ検討かな~(>_<)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんだかな~

まひるが、一年に一回受けてきたWISC。
そろそろ、WISCも卒業なのかな~と思いながら。
その結果を聞きに行った。
ここ数年、言語能力が、微妙に下がっていたが、
今年は、「あきらかに退行している」まで、言われた(T_T)

基本、まひるは、閉じこもりがち。学校は何とか行っているが。
家では、べったりTVの前。
ときどき出かけても、例のまひるをいいように使う幼馴染とは、
私はいい顔しないから、内緒で会ったり程度。
前のように、私の怒りを買うような遠出はしない。
だいたい普通の子は、受験モードでまひるをかまう余裕はなかろう(-_-)
受身の学校の授業では、まひるの言語能力を上げるまでは行かないのね。

そもそも一番よかったのは、小6の頃。
2対1だけど、個別で、週二回国語と算数をやっていた。
これもさぼったり、教えてもらっているのに爆睡したりで、
お金をどぶに捨てている感じで卒業と同時にやめた。
通っていたLD児むけの療育のクラスは、月に4回。
中学向けは、まひるより、適応力の低い子向けだったので、
小学校で、自動的に卒業と相成ったのだった。
まひるは大好きだったけどね。私も続けたかったが。

母の入院、介護状態突入というアクシデントもあり、
(さらに、夫の妹のアクシデントもあり(-_-))
まひるに時間もお金もかけられなくなったのは、
誰が悪いわけでもないが、残念だった(-_-)
取り戻せない時間。私は何をすれば、よかったのだろう?
答えのない問いを静かに繰り返すばかりです~。
ただ思う。義妹のようには、絶対すまい。
それだけは、私が生きている限り、努力する。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

今日のおやつ

今日のおやつ
不二家数寄屋橋店限定、銀座ミルキーロール。通常のミルキーロールより小さいのと、スポンジが黄色いね。
味もさっぱりめかな?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2010 | Main | December 2010 »