« August 2011 | Main | October 2011 »

美輪明宏音楽会

久しぶりに、自分の分だけ、生協のチケット申し込みをした。
ル・テアトル銀座の美輪明宏「音楽会」

あれ~前にも来たことあるけど、
会場がひどく広く感じられる。別のところみたい。
今回、はじめてまん中あたりの席のせいかな。
前は、前の方の席だったからな~

開演。暗くなったら、このところの寝不足がたたり、
(眠れなかったというか、、、)
子守唄に聞こえる~前半、かなり記憶にない(>_<)もったいない~
それでも、TVで見慣れた黄色い髪ではなく、
黒い髪で、昔のジャケットとかでみる雰囲気の美輪さん。
声もよく出て、まだまだ若いわ~~
曲の合間合間のお話がまた面白く、
後半のシャンソンったら、若い娘から、腰の曲がった老婆まで、
変幻自在にみせるんだ~衣装も同じなのにね~
すごいな~とただただ感動。

最後の「花」は、なんだか天界にいるみたいでね~
輪廻の話とか、魂の修行の話をしてくださって、
とってもよかった。心の花を咲かせようって、本当に思った。
ラスト、なでしこジャパンの優勝シーンのような、
金のはなびらが、美輪さんに降り注いで、圧巻だったな~

昔、昔、まだ、九つくらいの頃、
母に連れられて、東横劇場だったか、三越劇場だったかに、
連れられて、当時まだ、丸山明宏だったのですが、
マタ・ハリのお話を観たのを鮮明に覚えています。
男の人が、女の人の役をやるんだ~と、
思ったのと、きれいで印象に残っている。
あのときの、さして変わらない気がするのが、とても不思議。
だって、かれこれ。。。。。

帰り、銀座の街灯が、全部点いていて、
なんだか明るい銀座が戻った気がして、
それもまた、うれしくしてくれるのでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

このごろのまひる

まひる。なんだか夏休み中もダラダラで、あったが、
二学期始まっても、試験が始まっても、なんだかまったりだ。

小2で、学習障害ありと診断後、ずっと見てくれている
小児心理の先生が、第二子を御懐妊。
暮れ前から産休に入るという。その後、育休も取るそうなので、
再来年の春まで、まひるの担当の先生は、チェンジだ~(T_T)
ま~喜ぶべきなのだろうが。。。憂鬱。

その先生がずっと、ご推奨なのが、まひるの習い事。
なんか本人が、すごく気に入らないと回らないな~と思い
気にしながらも、何もせずにいた。
今年の春に、何を思ったかまひるは急に、
「ボイストレーニングを仕事にしたい。
高校卒業の暁には、そちらの学校に行きたい。」
青天の霹靂!

でもね、だからといって、そのことに調べるでもなく、
歌の練習をするでもなく(もちろん専門に習ったこともない)
何を考えているんだか~と思っていたら、
夏のある日、母のところに行くのに、
私は、読みかけの本を忘れてしまった。
活字がないと不安で、珍しく駅のクーポンの載った本を手に取った。

パラっと開いたページに、ちょうど、ボイストレーニングの教室の
一時間お試し無料の文字が。。。しかも、隣の駅にもある。
まひるなら、定期で行けるわ(*^_^*)
早々に申し込み。二人で行く。

が、しかし、、まひるったら、全然声を出さず、
それじゃあ、レッスンにならんだろう!
やきもきする始末。それでも、やってみたいというので、
入会申し込み。ちょうどレッスンしてくれた先生が、
若くてまひるののりにあいそうなので、
その先生にお願いすることに。
基本的に、歌謡曲とか、カラオケで歌う歌の
うまくなりたい人のためのお教室だね。
まひるの思いもそのあたり。どうなることやら。
とりあえず、数か月は、通わせてみようかと。
月二回で1万円だし。

少し前にスクーリングで知り合った人が、
発達障害児の成人は、普通の子より10年先、
すなわち30歳と、力強く語っておりましたが、
それを最近信じたくなってきた私です。
20歳までじゃあ、とても一人前になっていなさそうですから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お墓参り

お墓参り
お彼岸。浅草にある義母の墓へ。
ちょっとかわった蝶をみました。

携帯電話を忘れ、夫ので撮ったので、思うようにとれませんでしたが。(^-^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

大英博物館ギリシャ展

大英博物館ギリシャ展
限定のガチャガチャ。
海洋堂のフィギア。
中高年が、けっこう真剣にガチャガチャしていたf^_^;

円盤投げは出てこなかったけど、意外に満足。

ギリシャの彫刻は、やはりきれいだね~~(^-^)
今しがた見てきた平安期(9世紀、10世紀)の仏像たちと、似ていて、
遠い紀元前の彫刻たちが、時間と、距離を超えて、
日本にたどり(影響を与え)着き、今に受け継がれているんだな~
人間って悪くないよね、なかなかいいよな~~と思ったのでした。

んと、文化の説明とかあったのだが、どうも、同性愛(ホモセクシュアル)の
表現をしているもんが何点かあって、しかも直接的。
競技会の優勝のご褒美にするのは、当たり前だったみたいな表記が(^_^;)
昔は、おおらかだったのね~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

空海と密教美術展

空海と密教美術展
平日の午前中と言うのに、
思いのほか混んでいて、入場制限。
20分待ちだそう。

このあと西洋美術館も行くつもりなんだけど(-.-;)

日傘と、水分は必需品です~
もっとも、日傘は、貸し出しているのがあるので、
なんとかなるかな~~
(9月になったら、急に混みだしたそうで、
連日、3時ごろまでは、入場制限があるそうです)


その後、入場。
後ろをみると、来た時より長い列になっている。
シニア層多し。
阿修羅展より、少しましかな~という押し合いへしあいののち、
(みなさんけっこう、空海の直筆のところ(巻物)立ち止まっていました)
醍醐寺や、東寺の仏像に会う(*^_^*)至福のひと時。
普段は見れない背中の方に回って、少し無防備な背中を観た気がした。
もちろん、背中のいい仏様も多かった。
牛のお尻も、いい感じだったな~(*^_^*)

暑いので、中をできるだけ通って出ようと思ったら、
「運慶とその周辺」なる展示もあり、すごく得した感じ。。。

そして、西洋美術館へ。
(上野公園の大噴水は、改修工事中で、
かなり広い範囲が立ち入り禁止になっていました。)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

夫が急に引っ越すっていって引っ越すんだけど、業者の人が来なくて片付かない。トイレの壁から、お湯が吹き出すし、、、トラブルだらけ。で、目が覚めた。

数日後、まだ同じところに住んでいて、月が変わって、いろいろな手続きしなくてはいけなくて、だんだん元の家に戻りたくて泣けてきた。
で、目が覚めた。続きをみたのは、初めて。なんか不思議。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2011 | Main | October 2011 »