« いつの間にか | Main | まひると散歩 »

まひるの件

推薦で大学進学も決まったのですが、
もともと本当に心うちとけた友人もなく、
恋をしたいというお年頃の願いが、叶ったかと思われましたが、
親に内緒にしないといけないし、
親には色々おこられるし、
楽しいはずの進学準備も、
やること一杯で、あれこれあちらからもこちらからも言われて、
今にして思えば
一週間ほど前から、平常ではなくなったようで、
私が気付いたときには、やり取りができないほどに、

慌てて心理の先生に連絡し、救急に手配してもらって、
夫の帰宅をまち、雪の中病院へ。
主治医はいなかったのですが、当直の先生へ指示が出ていて、
いろいろみてもらうが、本人は知らない先生ばかりで、
かなりてこずらされ、時間ばかりかかってしまった。

夜、寝ない娘に、落ち着かせながら、寝落ちしそうにしていたら、
前の晩から寝てない私に、深夜のバイトから戻ったれおが、
「俺が六時まではみてやるからそこまではねていいよ」
と声かけてくれたのが、2時過ぎ。
娘の手を握り、「大丈夫だから、パパとママが守るからね」と繰り返しながら、
寝る。
雪もあり、次々予定がキャンセルになり、週末は、家族で家に。

月曜日、主治医のいる外来で診察。
そろそろ小児科は卒業して、大人の病院につなぎましょうな、
話を半月前に、したばかりだったので、お互い辛い。
本当は発達障害に強い先生のいるところを紹介して
もらうつもりだったのだけど、すぐにもみてもらうとこを探す事となり、
総合病院なので、中を紹介してもらえるように、
予約で一杯のとこに優先でいれてもらえるように
お願いしてくる。
時間はかかりそうだが、今は三歳児に戻ったみたいな娘と、
ゆっくり暮らすしか無さそうです。

近況報告。

|

« いつの間にか | Main | まひると散歩 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/59160158

Listed below are links to weblogs that reference まひるの件:

« いつの間にか | Main | まひると散歩 »