« September 2016 | Main | April 2017 »

ミュシャ展

学生証で、入れるのは、これが最後かとおもいつつ、、、(⌒-⌒; )








数年前に森ビルでも観たなとおもいつつ。大好きな作家さんなので。
入場券買う列が長いとネット民が言ってたので、アドバイスに従って、
ローソンで事前購入。

優雅な女性や花の絵で知られるけど
案外、男っぽい骨のある絵も好きです。

で、今回はあまり公開されてこなかった晩年の大作。
6mという圧倒的な大きさに、力強くかつ、スラブ民族の辿った差別や圧政を乗り越えてという一大叙事詩的な連作。戦争や死を重く暗い画面で表現。
もちろん、人気のポスター類も展示されてました。

作品を観ながら、これが100年弱前の作品というのに、なんだか最近見たイラストとか、ゲームのポスターを思い起こさせるような、、、ミュシャって古びないって言うか、時代がミュシャの方に寄ってるんだよな〜などと思ったのでした。
一部、撮影可能でしたので、写してみました。



同時開催の草間彌生展の列がひどく、それに比べれば10数分ですんだ物販で、(どうしても人気なアールヌーボーの四季と、スラブ民族衣裳の女性が多いけど(⌒-⌒; )目当てのマステをゲットするのであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学位授与式







学位授与式、行ってまいりました。

99歳で3回目の卒業という、人生でも、大学でも大先輩な方に、大感激しました。

まだまだ、道の途中。頑張らねばと、思いを新たにしたのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ようやく

ご無沙汰しています(⌒-⌒; )

地味に細々としぶとく通っておりました、放送大学、卒業が決まりました。
長かった!間にお休みもありましたが、13年になります。通信ならではかもしれませんが。

最初は、まひるのためにも発達障害に強くなろうという思いと、がんになったことで、ごく初期とはいえ自分の人生をどう生きたいかと考えることとなり、やり残したことの1つが学びだと思われて、入学。

いろんなことがありました。娘のこと、母のこと、夫のこと、そして、父。相変わらず駆けずり回ってます。それでも、投げ出さなかったのは、意地っ張りというのもあるけど、やはり楽しかったからだと思う。試験前にはきつい!辛い!とは思ったけど、基本的に新しいことを知る!というのは何より刺激的。面接授業では、様々な人との出会いがあるし、好きなんだと思った。この感じ。10代の自分に会えたら、ここで頑張って初志貫徹!勉強しろ!もっともっとライバルは要領よく勉強してんだ!がんばれ!と言ってやりたい。でも、寄り道ばかり、遠回りもそんなに悪くはないとも教えてあげたい。

たぶん入学してからは、けっこう横道に逸れてましたが、それが楽しい。(⌒-⌒; )認定心理士と言う資格も申請すれば取れると思われ、ようやく感はそこに集約されますが、それがあるから統計などと言う苦手な科目を落としながらも何度もトライしたわけだし。。。記憶メモリーは、年々劣化の一途ではございますが、そこは経験でカバー(できていたのか?(⌒-⌒; )。自分が高校の頃習ったことと大きく変わっていた歴史の話など、話は尽きませんが、何より人生の大先輩たちが真摯に学ぶ姿に多くのものをもらったと思います。多謝!

学んだものを実戦で使うチャンスがあるかは、わかりませんが、人生を豊かにしてくれたのは間違い無いと思う。別コースで、もう一回入んなよ!と言う友人の誘惑と闘いつつ、今はただ感謝の気持ちで、学位授与式に臨みたいと思います、下旬なんですけどね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2016 | Main | April 2017 »