観てきた

「君の名は。」を娘と観てきた。
手帳をもらって初めて、窓口に見せて割引で。(⌒-⌒; )

新海誠監督は、「言の葉の庭」の雨の表現がすごく印象に残っていて、あやうい年頃の恋やら夢やら、切ない感じのうまい人という印象。

テレビコマーシャルとか、すごく印象的だったから、少し期待度が上がりすぎちゃったかな?
絵は、すごくきれい。身体と心が入れ替わっちゃうっていうのは、最近は、慣れたシチュエーションですが、、
お互い知らない、離れた場所の男女、というのは新鮮かな?

彗星のシーンと、組紐のシーンは、印象的な象徴的なシーンでした。娘は泣いてたみたい。(⌒-⌒; )私は、なんかオチが読めちゃったからな〜

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハリー・ポッター最終章

やっと、観に行った~~
まひるが、保育園に通っているときからだから、
10年ってすごいよね~
ハリーたちもすっかり大人だもんね~
(まだ、かわいいけど(^_^;))
気分は、近所のおばさんか、
親戚か、、、

ふ~~、れおは、三回ぐらい大泣きしたと言っていたけど、
う~ん、私は、二回か、、それもぐっと来たにとどまった。

ダンブルドアは、生き返るのかと思ったけど、
違うのね~~(原作未読)

一緒に観たまひるが、「テーマは何だったんだ~」と。
「それは、仲間とか、信頼とか、愛だよね」と答えたが、
考えるとこれは、れおの大好きな「ドラゴン・ボール」も一緒だわね。
民主党のみなさんにお教えしたいわ~
小沢詣でって、自民党の田中角栄詣でと変わらんよね~
懲りない人たちだ。。。もう、民衆とは遠いとこにあると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゴジラ

ゴジラ
こんなところにいるんだ〜日比谷シャンテ近く。

映画「コクリコ坂から」を観に行く途中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

観ました

「時をかける少女」

原田知世の一世を風靡した映画より、
私の中では、NHKの少年ドラマシリーズかな?
(たぶん映画より、5~6年前)
おもしろかったし、続編もあった。

で、これは、その後日譚なんだね。

記憶を消されたはずの和子が、交通事故にあい、
1972年に戻り深町君に会わなくては、
というのを聞き、娘のあかりが、時間をさかのぼり、、、

仲里衣紗が、ほんとうにかわいいし、
泣き叫ぶシーンなんか、本当にすごい。引き込まれる。
歌も昔のままの「時をかける少女」なんだけど、
いきものがかりが歌っていて、それもよい。

なんだか、角川映画が私の中で、フラッシュバックして、
薬師丸ひろ子の「ウーマン」が、
「時の河を渡る船に~」のところがやけに、聞こえてくるのだった。
あれは、名曲。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

観ました

TUTAYAに返送するのが、すっかり遅くなったけど、
なかなかTVの前で、DVDを観る時間を作れなくて。


  

クラッシックは、そんなに得意じゃないんだけど、
これは、ある種のファンタジーだわね。
最後のコンサートシーンのためにある映画。
そんな何十年ぶりなのに、練習をしなくて合うのか~
という、疑問は置いといて、
どたばた喜劇風なのが、最後に向かって収束して行くとき、
いろんな謎が解けて、感動を盛り上げてくれる。
フランス語や、ロシア語がわかるともっと面白いんだろうな~
最後の方、急ぎ過ぎ。もうちょっとゆったりしてほしかったな~

  

井上真央が、とってもかわいくて、
お父さんの国村隼、お母さんの大竹しのぶが、
よかったな~。トニー役、日本語うまいし、なんとなく武士っぽい(^_^;)
お父さんに泣かされた~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

映画 ハリー・ポッター

ようやくまひると、出かけて行きました。
これが、10時には、銀座に着かないといけないというのに、
まひるが、もたもたして、家を出たのが、10時くらい(-"-)

日曜だったのですが、バスで、築地の場外市場の横を通ると、
けっこうな人でにぎわっていて、休日なのに、お店もけっこう開いていました。
(晴海通り沿いは、以外にあいてないけどね)
びっくりしました。

マリオンに着くと、けっこう券の売り場が並んでいて、
時間までに中には入れないな~とおもっていると、
係員が、ハンドマイクを持って、
「10時半の回の方~」と言っている。
あわてて手を挙げると、
映画館の方へ行って、入口で、発券しているからとのこと。
すぐ映画館の方へ行って、また並ぶ。
それでもどうにか、10時半より前には、中に入れて、
スタート。

すっかり大人の顔になった三人に、
感慨ひとしお。いよいよ終わりか~
だって、最初のハリーは、クリスマスに園児のまひるなんかと、
観に行ったんだよ~もちろん吹替え版。
幾星霜。

なんだか次々と、ハリーの周りの人が亡くなっていく。
ハリーを守って。魔法界を守って、、、。辛いね~
暗い~~
ダンブルドアの遺してくれたものが、今回のいろいろなキーになっていて、
仲良し三人組は、孤独に耐えながら、旅に出るんだが、、、、

後編は、来年。。。
まひるは、私とまだ観に行くだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

このごろ観た

ネットで届くつたやのレンタル。
韓国歴史ドラマが落ち着いて、
(れおと、まひるが、友人に熱く韓国歴史ドラマを語るらしいが、
なかなか同じ趣味の人には会わないらしい(^_^;)
単発の映画ものが続く。
おもいつくままに。

ゴールデン・スランバー

堺雅人さんが、陰謀に巻き込まれて友人に助けられながら、
逃げる話。なんで、陰謀に巻き込まれないといけなかったが、
今一つ分かりませんが。。。原作読んでないからかな?
楽しかった。遊び心も大切ね元恋人の竹内結子さんが、いいな~~

今度は愛妻家

トヨエツが、写真家のだんな役、妻が、薬師丸ひろ子。
ストーリー知らなかったから、、、、
後半ほとんど、泣きっぱなし~(ToT)
鼻が赤くなった。

パコと魔法の絵本

交通事故のせいで、記憶が24時間しか持たないパコと、
偏屈爺さんのオオヌキ。その他、ひと癖もふた癖もある面々が、
さらに癖のある扮装で、楽しいCG画像と、
しっちゃかめっちゃかな舞台装置のような病院で、
オオヌキが、パコのためにお芝居をするんだ。
もう、泣いたよ~~子役がうまいな~かわいいし。
妻夫木くんが、最初わからなかった~

武士の一分

言わずと知れた、、キムタク。
三津五郎さん、好きなんだけど、いやな奴だね~このかたき役は。
しみじみ。

のだめカンタービレ最終章 後篇

そうか、そうなのか~
長いお話も、ここに着地するのか~
クラッシック、聴きに行きたくなっちゃった~。
前篇、TVで、途中までしか見ていないのに気がついたので、
あらためて、リクエストした。つたや~~

次は、「食堂かたつむり」と、お願いします~

| | Comments (2) | TrackBack (0)

観た!読んだ!

覚えにまとめて(^_^;)


若竹七海「クールキャンディ」
最後が、そう来るか~~な、14歳の少女の夏休みのお話。
最後の後味は、まさにクールキャンディ。。
一気読みに最適かも。


「サヨナライツカ」
官能的だな~ホテルの部屋が美しくて~~
25年後の二人って、いくつといくつ?
ちょっと、そこを突っ込みたい。


「TAJYOMARU」
これって、そういう話だったのか~
萩原健一の御所様が、なんともすごいな~~
室町末期の話しだったのね~
衣装とか、美術が気になる映画だった。そこ?
まひるがいっしょにみたけど、
まひるは泣いていた。あるいみ純愛ものだものな~


「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
薬師丸ひろ子が、いい味出しているな~
いや~、最後泣いちゃった~(^_^;)


「アリス・イン・ワンダー・ランド」
19歳のアリスが再び、不思議の国へ。
最後の戻ってからのアリスが、いいな~(*^_^*)
帽子屋のハチャメチャぶりももちろん良いですけどね~
メイキングの映像が、楽しめるね~(*^_^*)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

インセプション

予告を観たら、ついそそられたうえに、
渡辺謙のインタビューとか観たらみたくなって、、、、

「映画はやはり大画面よね~
シネコンは、画面が小さくて・・・」という近所の友人と、
レディースデーに観に行きました(*^_^*)
マリオンの中の映画館は、平日だというのに満員に近い盛況ぶり。
(マリオンまで、30分ほどで行けるありがたさに加え、
友人が、席取っておくから、ギリギリにおいで~と言ってくれて、
本当にありがたかった(*^_^*))

最初、なんだか画面見ていたら、酔った気がした、、、
気持ち悪かった。終りまで見れないかと危ぶんだけど、
途中から大丈夫だった。

で、、、レオ様、おじさんになったな~~
(っていうのが、一番印象に(^_^;)
夢が何層にもなっていて、層によって時間の進みが違うという設定が、
最初よくわからなかったが、進むにつれてわかってくる。
それぞれの層に担当の人がいるのだ~
複数で同じ夢をみるっていうのが、
なんか納得いかないよな~!!!
でも、近未来ものとして、楽しめました。

ラストが、どちらともとれる気がして、、
どちらだったのかしらね~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

耳に残る

朝、聞いた曲が、一日頭の中に響いているのは、
ありがちなことなんだけど、、、
最近は、コントレックスのCM。
観月ありさが、でているあれ!

一日、「私に愛を~♪」と鳴り響いている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧