「紙つなげ」読了

ツィッターで、日本製紙の工場の方が、本の切り口の部分を見ただけで、
どこの出版社の文庫かわかるというのを読んで、興味を持ち、
売り上げの一部が、石巻の小学校の図書購入費になるというので、
久しぶりに新刊本をアマゾンで買った。

一気に泣き泣き読んだ。

東日本大震災で初めて知ったことは多かった。
例えば、首都圏のビールとか日本のペットボトルのキャップの大半を作る工場や、
首都圏のほとんどの電力が東北で作られているとかが、
日常の中で、気づくことなく支えてもらっていることさえ知らず、
失われた初めて気づくうかつさに驚いたのだが、
やがて日常に戻り、再び忘れそうになっていく。
そして、大好きな本の紙の多くが、東京ドーム23個分という
ちょっと想像しにくいほど、広大な日本製紙の石巻工場で作られていると、
初めて知った。

最初の方は、震災の話で読みながら本当につらくて、
広大な工場には、数多くの瓦礫とともに人も流されてきて、
工場の人たちは一生懸命助けるそれでも、
助けられなかった人も大勢いる。
瓦礫を片付ける中で、遺体を発見して、また、辛い思いをする。
そんな中で、日本の出版社は、自分たちの作る紙を待っていると、
職人気質な社員たちと、会社のトップたちが、一丸となって再建に立ち向かう。
その誇り高いありように、日本人もまだまだ大丈夫と思えた。

読みながら紙をなでながら、においを確かめながら、
ここに来てくれて、いてくれてありがとうと本当に心から思った。
書籍もデジタル化の進む中、きっと大変だけど、がんばれ!日本製紙石巻工場。
改めて私は、決心しました、本も、東北もずっと応援するぞ!本当に微力だけど。。。
道はまだまだ遠いけど。。。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

観た!読んだ!

覚えにまとめて(^_^;)


若竹七海「クールキャンディ」
最後が、そう来るか~~な、14歳の少女の夏休みのお話。
最後の後味は、まさにクールキャンディ。。
一気読みに最適かも。


「サヨナライツカ」
官能的だな~ホテルの部屋が美しくて~~
25年後の二人って、いくつといくつ?
ちょっと、そこを突っ込みたい。


「TAJYOMARU」
これって、そういう話だったのか~
萩原健一の御所様が、なんともすごいな~~
室町末期の話しだったのね~
衣装とか、美術が気になる映画だった。そこ?
まひるがいっしょにみたけど、
まひるは泣いていた。あるいみ純愛ものだものな~


「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
薬師丸ひろ子が、いい味出しているな~
いや~、最後泣いちゃった~(^_^;)


「アリス・イン・ワンダー・ランド」
19歳のアリスが再び、不思議の国へ。
最後の戻ってからのアリスが、いいな~(*^_^*)
帽子屋のハチャメチャぶりももちろん良いですけどね~
メイキングの映像が、楽しめるね~(*^_^*)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

読了「薄妃の恋」(僕僕先生シリーズ)

先日、婦人科へがん検診に行ったら、
2時の予約を5時過ぎまで待たされた折、
(一時間ほど出たので)
近くの本屋で見つけた新刊。

前作に引き続き、弟子の王弁と、
その師の美少女の姿をしている仙人との珍道中。
新しい仲間も増え、旅は続きます。
たのしく読めました。次が文庫になるのはいつだ~~

| | Comments (2) | TrackBack (0)

このごろ読んだ本


なんだか、無性にあのころに帰りたいな~
と思わせる本です。



「こころげそう」とは、「心化粧」のこと。
おのずと心に秘めた恋が、人に露呈するということ。
読むとその意味が、最後に鮮やかに心に広がって、
しーーんとしちゃいました~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雑誌コーナーにあるのは

最近、雑誌コーナーにはいろいろあるけどさ~
美容ローラーだよ~(^_^;)
世の中どうなっているんだ?
つい、コロコロしたくて買ってみました。

「素敵な奥さん」は、リラックマのトートだったし、
「レタスクラブ」は、スヌーピーのランチトート。
ん~、どこまで雑誌につぎ込むのか、、
いや、雑誌につぎ込むというよりは、、、、

| | Comments (3) | TrackBack (0)

コテンパン(-_-)

野球部の親の会の前日の酒が残りつつ、何とか行ったスクーリング。
自分をほめたいぐらい自分と戦ってたどり着いたのだが、
そこに戻ってきた先日提出のレポート。
見るも無残に赤だらけ、、、(-_-)
そこまでいうかというくらい、味噌くそに批判され、
ほめていただいたのは、先生の全ページに自分の名前を入れる、
という指定を他の方は、そこだけ手書であったのが、
私だけヘッダーを使い印字してあったことだけ(;一_一)
(私より若い方、いくらもいるのにそんな機能を使わないのか、、、)

これが、もう見事に落ち込んで、一週間たっても立ち直れない~(>_<)
次の再提出の締め切りもそこだが、、、

ちょっとここは、大好きな渡辺先生の書評を読もう~と、
図書館で借りてきたのが、「演劇を観る目」

いきなり大好きな白洲正子氏の話から始まったので、
予備知識なしで手にとった私にとっては、うれしい誤算。
それも大誤算~(*^_^*)
深い愛情を持って演劇や舞踏に対峙しておられる先生の真摯な姿に、
いつまでもお元気で、さらなる作品を読ませていただきたいな~
と、心から思った次第。
自分は、演劇評論家であって、歌舞伎評論家ではないと言っておられるのが、
とても印象的でした~(*^_^*)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

読みました

今年最初に読み終えた本です。

れおに読ませたい本だけど、
やつは、遠視で目が疲れると、
野球の本以外は読まないのよ~
親が本読む姿を見せると、
自然と子供は読むって、あれは嘘!
だって、こんなに本の虫の母なのに、
れおも、まひるも読まないもの~
図書ボラまでして、学校かよったのに~(T_T)

と、横道にそれたが、
脳のことが、以前に比べるとずいぶんわかってきて、
脳のこの部分を鍛えるには、、、
なんてことが書いてありますが、
冒頭に書いてあった、叱り続けると脳は、
防衛のため、聞き流すことを覚えてしまって、
それが、習慣になると、
叱られていなくっても、聞き流したりするように
なってしまうんだって。

ああ、すごい反省します。
ガミガミと親が叱り続けると、
どんどん考えない子になるかと思うと、
恐ろしいです。
もちろんいけないことや、危険なことは、
叱らないといけないけど、
それ以外は、少し自分の感情を見直して、
それから、アドバイスできるようにしたいな~
子供が大きくなってしまったけど、、、

スポーツも体を鍛えるのも必要だけど、
脳も鍛えていかないと、
一流のアスリートにはならないという話は、
なかなか読みごたえがありました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

本屋で立ち読み

思惟さん~ありのみさん~、←ご指名であるらしい

「おとなの科学」今度は二眼レフだよ~(T^T)
ほしい、ほしすぎる~
サンプルの写真がよさげだったよ、、、、

雑誌は、増えて仕方ないので、
ある程度は、立ち読みで済ましているの~
これは、久しぶりにクロワッサンらしい提言の数々。
っていうか、人間って、口にしたものでできているからね、
何年か先の自分や家族のために、食って大事だな~
ということを再確認。いや~手を抜いたらあきまへんで~!!

ある程度の調味料や、乾物はもっていたけど、、、
読むべし、作るべし、
ちゃんとした仕事をする人や、ものが残るためには、
仕事を認め、買わないとね。いつか手に入らなくなる。
その日が来ないために。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

読了

久しぶりの上橋さん

あいかわらず、いいな~

これは、NHKでアニメになっているのね(^^)
ちょっと、イメージと違うけど(-"-)

主人公のエリンの生き様が、悲しいね~
続編、文庫化を待てるか>じぶん

| | Comments (1) | TrackBack (0)

この頃読みました、観ました

ヴェネツィアの成立から、十字軍のころまで。
なかなか面白く読んでいます。興味深い。

本屋さんに平積みで、つい買ってしまった。
日本語吹き替えがないので、英語で。初めてだったかも~
やはり、映像がきれいで好きだ~
本文も読み物として楽しめたよ。リーズナブルね。

まひるとはまった「チュモン」
ようやく30話。
これでもか、これでもかと、若い二人に試練が降りかかる。
それでも、ソソノが、きれいで強くって、、、
こんな役は、日本の時代ものにはいないな~
まだ、半分にも届いてないのよね~(;一_一)

| | Comments (2) | TrackBack (0)