このごろ

まひるもあれこれとやってくれて、
なんだか疲労感いっぱいだが、、、
(なんだかいくら爪を立てても、
つるつるの壁面をずるずると落ちていく気分。
むなしい。。。)

夏の初めに、義妹が隣家ともめ事を起こし、
緊急入院に(-"-)それは、まあしかたないことで、
これを機に、薬を飲むのを勝手に辞めないでほしいな~
そのことを覚えてほしいのと、自分が病気だと、
同病の人とのコミニケーションの中で自覚してくれると、
少しありがたいとおもいつつ。

夫の実家と、隣家は、すっかりこじれていて(>_<)
何十年と住んだ義父は、つらい立場に。
もともとずっと以前は、義父の叔父に当る人の土地だった隣ではありますが、
義父の叔父は、早くに亡くなり、残した財産を切り売りして、
生活をしていたようなのではあるが。
そんなことを知る人は、もうほとんどいないわけだし、、、
わたしも逆の立場であったなら、
やはりいやだよな~とおもうわけではあるし、、、
訴訟に持ち込まれるかも。本人には責任能力がないと判定されても、
家族の監督責任は、持ち出されると、なにがしかの出費はあるし、
そもそも訴訟を起こされた隣と、隣でい続けられるのか?
義妹にとって、そこに住むのがいいのか、
心機一転引越すのがいいのか、悩みどころ。
お金もいるわけで、、、うちは出せないぞ~(-_-)

もちろん引っ越し先の第一候補は、うちのそば!(;一_一)
それはそれで、重荷だ~~

実家の母が、体調を崩した。
私がいくら言ってもこの暑いのに、
エアコンのない部屋で頑張って、
弟と妹まで、、、いっても聞かなかった(-_-)
下痢が原因で、脱水症状だったんだけど、
軽い熱中症もあるだろうと医者から、クーラーを入れるように厳命が。
実際にエアコンが、部屋に釣りつけられるのは、
何日か後にはなるだろうけど、少しほっとした。
日中は、デイサービスでいないからということだったんだけどさ、、、
夜だって、けっこう暑かったと思う。。。

まひるのこともあって、あれもこれも頭の痛い夏の日々なのであった。
早く終わらないかな?この暑さ。
ぜんそくっぽくなったら、なかなか治らなくって、、、
だんだん治りが悪くなるは、歳のせいなのか。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なかなか

夫と夫の実家近くの
精神科の病気を患っている人向けの
地域支援センターに行ってきた。

夫の実家から、10分ほど。
JRの駅にもほど近く立地は申し分ない。
施設も広すぎず狭すぎず、清潔でいい感じに見えたが。
本人が申請し、本人が通うタイプのところなので、、、

ま~義妹が患わなければ、
施設の存在も知らずにいたわけで、
地域ごとにあるとすれば、
それだけ、病気を抱え、生き辛さを感じている人が、
思いのほか多いことを覚えていないといけないな~と思った。

義妹は、病職がないので、いろいろ難しいのですが、、、
近いので、通ってくれると、
彼女も楽になるんじゃないかな~と思ったので、
夫に、つれておいでよ。見学だけって。と、
強く推しておいたが。

夫は、やはりあまり義妹が寄りかかってくると、
(自分のペースを保てず、イライラするみたい)
ひいてしまって、足しげく通ってほしいのに、
かえって足が遠のいてしまう。気持ちはわかるが、残念だ。
彼女は、夫にだけ手を伸ばしているのに。。。
もっとも、まひるも夫にだけ手を伸ばすのだが、、、
そこをどうもわずらわしくなる瞬間があり、
ピッシャってしてしまうとこがあるんだ(-_-)

何かが進んだわけでも、
動いたわけでもないんだが、
とりあえず、こんな所も使えるんだ~と、
確認した。施設の方は、感じが良かった。
夫も、少し進んだ。

んと、津右子さん
私は、とりあえずつらいとか、出口が見えないと、
言いはしますが、案外、明るいです。
って、義妹にだけかかわってもいられないし。
それに、生来の負けず嫌い。
口では、ポーズで大変とか言うけど、
心の中は、絶対乗り越えたる!
って思っているから。
乗り越えられない苦労はない。
乗り越えられるだけの苦労が、めぐってくるんだと思う(*^_^*)v
みていてね!まあ、遠い道のりだけどね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

道は遠いな~

新年早々は、体調が悪くて、義妹に会うのは、
私はパスしたのだったが、
日曜日、まったりと過ごしていたら、
(金曜は忙しく動き、義妹の病院のケースワーカーさんと
いろいろ相談をしてきたとこだった)
義妹の突然の来訪(-_-メ)
すんません、掃除もせず、まったりしていて。。。。

それから2時間ほど、夫と義妹の話を聞いた。
矛盾を突くのは簡単だが、そういうわけにもいかず、
「私は病気じゃないから薬はいらない」(ため息)
発言にすっかり疲れを感じて、
夕飯作るのやめようかと思った。。。

まひるも一筋縄じゃいかんが、義妹もだな~( 一一)
今年もこんなんか、、、

| | Comments (2) | TrackBack (0)

新年早々だが、、、

今年は、波乱の幕開けか?

義妹の件となると、「もう同居しかないか?」みたいな発言の夫。
正直、義妹との同居は、難しすぎる。
病気じゃなくても、難しい人なんだから、、、(-_-メ)
まひるのことを考えたら、今は、動くべきじゃないし、
動けない。。。。

だが、夫はそう考えないようだ。。。
同居に否定的発言をしたら、
携帯電話代のことで、かみついてきた(-"-)凸
私と、れおの携帯代が、ご不満だと。
減らせと。。。(--〆)
れおの携帯代は、私が払っているんだからいいじゃん。
私の携帯代は、夫の支払いだが、、、
役員をしていたここ数年では、一番安い方だと思うのだが( 一一)
ネットは、つなぎ放題コースにしているのが気に入らないみたい。
そんなこと言ったら、私の不満点、あげつらうぜ!!!(-"-)

義妹から、通院の同道も断られたしな~私。
「ゴング」鳴ってる?

とりあえず、病気の理解を深める本を買ってきた。
まず、読んでみます。

あとは、病院のソーシャルワーカーに相談かな?

本人は、病気じゃないと思っているんだもんな~
薬飲ますのと、通院を続けさせるのが、難しいよな~
義父に任せきりでは、無理だもん。
だいたい、病気の理解がどこまでなのやら、、
義兄に出てきてほしいんだけどな~私としては。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地雷

まひるとお友だち(軽度発達障害の仲間たち)の
クリスマス会は、つつがなく好評のうちに終了。
それぞれの成長を感じられ、
これからの課題に不安はあるものの、
互いの情報交換ができよかった。
しいて言えば、母親同士が、話し足りないか~
これから、定期的にできるといいんだけど。

帰途に着いたら、母から電話があったので、そちらへまわる。
そんなこんなで、けっこう疲れたらしく、
翌日、仕事が休みだったのだが、
家から出ることなく、だらだら過ごしてしまった。
動けなかった(>_<)

で、クリスマス突入というのに、すごい足の踏み場のない家。
(ため息)

数日前、保護者会のある日の昼に、
まひるの担任から留守電が、携帯に入っていたのに気がついた。
「まひるさんのことでお話がある。あとで、お話しますね。」
うわ~まひるはまた何かしたのかと、
気が気でなく仕事をして、保護者会へ行ったのだが。
何のことはない、「通級決まったから、通級の先生と、本人、保護者と面談したい」
そんなの留守電に何も残さないか、
そのまま言うかしてほしかった。

で、その面談が、終業式の日の夕方ということで、
行ってきました。(-_-)
ま~、通級の先生は熱心なので、いいかな~と思う。
あとは、まひるがどう答えるかだよね。
当面、週に2コマのみ。役に立つかな~~(;一_一)

で、まひるのことばかりだった12月後半だったわけだが、
夜、クリスマスケーキも食べぬ間に、
義妹から夫に電話があった。
これから来るという。
夫は、外でお茶飲みながら話すつもりだったが、
外は嫌だということで、ものすごい~散らかっている(-"-)家に上がった。
もう、これだけでもご勘弁という気分だったが、
薬も通院も勝手にやめて、夏に逆戻りしていたのが、判明。
11月の中旬に様子見に言ったのが最後だから、
気にはなっていたんだが、、、、

辛いと思う。
義父も夫も、薬さえ飲ませておけば、と思っているし。
なんか言いだすと、「
それ病気だから」みたいな発言になるしな~
義妹の先生は、「薬の管理も、通院も自分でしましょう。一人でね」
みたいなスタンスだったんだが、、、
義妹は、私なんかと行っても
ありのままの状態を言わず、なんだかな~
だったんだけど、、、
振り出しに戻ったのか、薬も医師もいらんものと思っていれば、
振り出しより悪いのかな~

でも、どう接すればいいのか、本当に答えはないんだけど、
モアベターは、どう探すべきか?

とりあえず、義妹の薬と通院復活計画を画策せねばね~
そんなクリスマスでした。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

すごいタイミング

朝、義妹の様子を半月ちょっと観に行っていないな~
と思い、夫に、「そろそろ行かないと~!」と言っていたら、
あら不思議、電話が鳴りました。

義妹でした。
中古のPCを買いに行きたいと、、、
え~ノートPCもまだ使えないのに、
中古のデスクトップをほしいんですと。
こういうのも、何か影響じゃないの~
と、思いつつ、今にも行きそうなので、
なんで、中古のPCが、ほしいのか聞くと、
入力していると変になるというのね。
だから、キーボードがしっかりしているのがいいかと、、、
中古なら安かろうとのこと。

それって、きっとキーボードが問題じゃないと思う。
でも、電話のこっちでそんなこと言っても、
義妹にはわからないので、夫に、
「すぐいらないでしょ。」と言ってもらい、
「夕方、まひると行くからね~」と電話を切る。
キーボードだけ、古いうちの使っていないPCのを外して持って行く。
その前に、まひるとあれこれ使って、キーボード掃除。
あのジェル状の掃除のやつが、
あっという間にダメになりそうなほど汚れていた。

まひるは、お楽しみの私立高校の文化祭見学。
道々数えたら、もう4回目。
そんなに来ているのか~(T_T)と、見学。
進学説明会も聞いて、夫の実家へ。
夫は、仕事があるからとこないの(-"-)

すき焼きを用意してくれていた。
私の実家は、父が好きでそれこそ年中やっていたが、
夫の実家は、全然しないみたいだし、
子供向けには、もったいないな~と、うちではすっかり幻メニュー。
久しぶりに食べながら、もっと野菜を~と思った。

その後、義妹とPCタイム。
う~ん、義妹にわかってもらえるように教えるすべが私にはない。
キーボードも、USBしかなくて、うちのキーボードは、
USBではなかったのよ~(T_T)
もっとも、キーボードが原因の不調ではないので、
(そもそも不調でもないか~(;一_一)
なくてもいいようなものだが。
とりあえず、初心者用の講座探してあげるか~

とりあえず、もろもろは、小康状態ということで、
安心はしたが。道は長い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そして

義妹が、病院へ行けない、
予約日に行かないと言いだした。(-"-)
ま~、想定内ね。
というわけで、夫の厳命により、お付き添い。。。
まひるを学校へ送り出してから、夫の実家へ。

大きい病院の精神科。
これが一番最寄りって、幸せなことなんだろうな~
問診票が、4枚もあった~
記入して、待つことしばし。
診察室の番号と、自分の予約番号を渡されているので、
診察室の入口に、予約番号が出るのを待つ仕組み。
(名前を知られない仕組みなんだろうね)
見逃すと、どうなるのだろうか?
みなさん、静かにお待ちになっている。

初診担当の先生は、若い男の先生だった。
ちょっと、はんにゃの金田似か、、、
たっぷり1時間をかけて、話を聞いてくれる。
「調子がいいので、薬を飲むのを2・3日やめている」
と義妹が言う。 (-"-)おいおい、、、
と、先生は「この病気は、脅すわけではないのですが、
お薬を勝手にやめると、まず再発します!」
ナイス!ちょっと、落ち着いた感じで、
ちゃんと説明してくれて、
しかも、義父と義妹には、しっかり釘をさしてくれた。

仕事をしたいという話も、
ソフトに見せながら、ちゃんと「否」と言ってくれてよかった。

「今日は無理やり連れてこられたという感じでしょうが、
これからは、少しずつでいいから、自分で、来ましょうね。
その意味でも、次回は、なるべくお一人で。。。」
これって、私や、義父がいたら、
うちとけて話さないだろう、と、予防線を張られたかな?
ま~、時間をかけて、うちとけてくれたらいいな~と思った。

薬は、今まで通りで、標準的でよい組み合わせですということで、
しばらく続くこととなった。

で、診察室を出ると、次の人は、いないみたいだ~
初診は、一人しか予約を取らないのか~
そりゃ、初診の予約が取りにくいわけだ。。。
再診の患者さんは、大勢待っていたんだけどね。
ゆったりと時間を取っていただいて、ありがたかったな~
いすとかは、個人のクリニックの方が、よかったが!
あと、部屋に窓がない(地下だから仕方ないけど)
閉所恐怖症だと、息苦しくなるんじゃないかな?

義妹の付き添い、これが最後だといいな~(^^)
先生になれてくれて、行くのが負担じゃなくなるといいんだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パニック3

前日、名古屋から休暇で戻っている
友人を囲んで、食事会の予定だったから、
すごく残念で、友人に
「名古屋に戻る前にランチをしましょう」
と、連絡を取り、新宿でランチを二人でと約束する。

新宿サザンテラスで待ち合わせ。
ここを待ち合わせに使ったのは、
初めて。けっこういいね(^^)

ランチは、サザンタワーのこちら
メインのセット(ご飯とおかず、食後の飲み物)を頼むと、
副菜は、バイキング形式で、
和のお惣菜が取り放題(*^_^*)
デザートもあって、その日は、白玉ぜんざいだった。
それで、1000円前後から。
お店の雰囲気も落ち着いていて、
すごく満足感の高いものだった。
友人も、「よく見つけたね~」と喜んでくれた。

ベビーカーで来ていたグループもいたので、
けっこう人気なのかもね(^^)

食後の腹ごなしに、そこここで、ウィンドウ・ショッピング。
で、あと、お別れまで1時間だから「お茶しよう」
とお店に入ったら、夫から電話(T_T)

義父が、出かけてしまって
(義妹を置いて、出るな!といったのに(T_T))
義妹がパニクって、仕事中の夫に電話が入ったのだった。
夫、通勤片道2時間(-"-)
当然、私の方が、何分の一の時間で着く。
泣く泣く友人に別れを告げて、
夫の実家へ。。。。

そもそも3時くらいに義兄が、
様子を見に行くからと、
連絡があり、安心していたのに。
もっとも、義兄は、3時には着かなかったけど、、、
義父は戻っていた。

滞在1時間弱。
久しぶりの義兄の顔を見て、
母の元へと(早めに、妹を家に帰さないといけないので)

あ~ん、私の時間と体力~(T_T)

実家に向かっているという夫にメール、
「3人でよく打ち合わせしてね!」


| | Comments (0) | TrackBack (0)

診断

パニック2 続き。

義父は、「家でネコが待っているから」と帰ってしまった。

クリニックは、駅に近くて、
まだ開院して何年もたっている様子はない。
窓から、外が見渡せて、開放的な待合室。

中年の男性医師は、
「あなたが、つらなくなくなるのが大事だから、
診断をするのは簡単ですよ。
今は、お薬でだいぶ楽になるから、
きちんと飲んでくださいね。」
義妹は、警戒心バリバリだったと思う。
かなりソフトに見せようとしたけど。

処方箋は、私が預かり、夫と義妹は先に帰し、
薬を持って帰宅。
久しぶりに、最寄り駅ではないところから、
歩いて夫の実家へ。
私の知る店の多くが無くなり、
なんだか知らない街になったな~

夜、家に戻り、歩数計を見ると、
17800ほど。
長い長い一日だった。

本当は友人数人と、
横浜でランチの予定だったのだ(T_T)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

パニック2

れおを東京駅に送り、
自分の注射に病院に行って、
夫が、朝「(義妹が)診てもらえそうだから
○○病院に行く」と電話をもらったので、
そちらへ向かう。ほどなく合流。

が、その病院の心療内科は、いわゆる内科の一部で、
医師も「もしかしたら、ここでは無理かも」といいながら、
義妹の話を聞く。「ああ、ここでは無理だ。
精神科のある病院へ行った方がいい」
待たせたのに済まないとお詫びを言ってくれて、
カルテの打ち消しを事務の人に支持してくれた。
(自分がかかるなら、こんな病院がいいな(*^_^*))

で、家に帰るという義妹を引きとめて、
タクシーで移動。
電話をかけて、かかれそうな病院探し。
精神疾患って、急に症状が出現して、
まわりを振り回したら、相談したり、診てもらえるところって、
ないんだ~って、前日からすごく思った。
どうしても大きいところが安心って、
家族も思うじゃない。

何軒か電話して、なんとか3時の予約を取り付ける。
義父と夫は、少しの間、離れる。
しばらく義妹と二人きり。手を離せない。
胃が痛くなる。義妹は、目だけぎらぎらさせて、
亢進状態。。。。1日が長い。予約の3時はだいぶ先だ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)