水仙

水仙
九段坂のお掘りにて。

風受けて ますます凛と 水仙花

| | Comments (3) | TrackBack (0)

新年によせて

たまには、、

初春や 海風受けて 夢の国

舞浜で、TDLを眺めながら。中にはなかなか行きませんが。

神楽坂 石畳ふみ 去年今年

神楽坂で、路地の石畳踏みながら。
去年と変わらぬ日常に。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

秋深し

曼珠沙華 形見のピアス 揺れており

面影を 集めて遠い 曼珠沙華

十六夜の月を探して雲の海

まひるの先日の模試の結果を塾の先生に見せた。
鼻で笑った。「時間がない」と言いながら、
漫画が書いてあったりした(^_^;)

仕事の帰り、シモジマへ行き、まひる用にシールを買う。
かわいいネコのシール。。。
先日の参考書といい、あわせて、1万弱の出費。
がんばってくれよ~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

脱力(ーー;)

関東地方直撃の台風進路。
放送大学の試験が夕方あったのですが、
ちょうど、予報でひどくなるって言っているあたり(ーー;)
悩んだけど(再試験だったので)、結局行くのを諦めた。
まひるも遊びに行く予定の家に、キャンセルを入れる。

が、進行方向がずれて、大丈夫だったジャン(ーー;)

まひるが、早くも宿題のひとこと日記をためているので、
「やりなさい」といいつつのぞくと、
浜名湖とまりの日「愛地球博、浜名湖とまり。ごはんおいしい」
愛地球博へいった日「名古屋」
名古屋で午前中遊んで帰った日「午前中遊んで、東陽町いく」
うわ~(-"-)あんたの心には、何も残らんのか~(T^T)
サツキとメイの家は~(ーー;)、モリゾーとキッコロは~~
ささしまサテライトでみたプラネタリウムは~?母、号泣(_;)
むなしい~

俳句が帰ってきた。
もう、評価が悪くてもいいの、と開き直っている(^_^;)
今回は、まあまあだったけど、

人はみな人恋しくて春ごたつ

伝えたき思いいだきて七夕夜

さびしさはいつも道連れ盆の月


| | Comments (0) | TrackBack (0)

春の句

ああ~(T-T)
また、添削が~~腐っちゃった(ーー;)

星辰のあふるるごとく花いかだ

川面に広がる花びらに、ふっと「天の川」のようだとおもい。
これは、なおされなかった。

春うらら四肢にみちゆくあかるさや

春の日を浴びれていると、体の中も明るくなっていくようだって
そういう句なのに「みちるのは、力でしょう」って添削された(ーー;)

風さえも春の魔法にうきうきと

気持ちが弾むのは、人のほうでしょうでしょうって。。。(ーー;)

言葉なき別れに寄せる花吹雪

春の日に、急に暗くなり、風が吹いてきたら、
近所の八重桜が急にボタン雪のように高く舞い上がり、
ゆるゆると落ちてきた。きれいだった~
数日前に訃報を聞いた友人の別れの言葉のように感じられた。
「訃報きて」にしろっていうんだよ。「ことばなき別れ」より。

わかりやすい句じゃないといけないのかな~(ーー;)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

冬の句

添削から戻った。

 今日よりもいつも夢見て去年今年

 「きょうよりも明日はいい日だろう」なんとなくそう思い込んで、
 ここまで来た気がするよ。

 寒椿主なき席ねこねむる

 同じ歳の従姉の49日のときに。
 ネコが彼女の席で、じっと丸くなっていた。

 葉ボタンの夢見るように首かしげ

 最近、小ぶりで茎が長いのがあるよね~
 あれを見ながら・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

俳句

毎回、腐るために出しているような添削(^_^;)
久しぶりによい点をいただいて(*^_^*)るんるん

 静けさの海に抱かれて星月夜

若いから楽しみです、って書いていただいたけど、
いくつまで若いといっていただけるのかな~(*^_^*)

 たおやかに駅の中でも菊まつり

二年ほど前に作った句の改作(^_^;)

 急ぎゆく月日数えて酉の市

急ぎゆく月日が、平凡だって~(ーー;) 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

俳句

昨年、手術の後に、人生思ったほど残っていないのかな?と思い
(それこそ90くらいまで生きるつもりだったので(^_^;)
リタイアしたら、するつもりだった、俳句の通信教育を受け始めた。
ちょっと、人生の予定前倒し(^_^;)

最初の半年は、本当に初心者向けで、季語の穴埋めとか、
俳句の添削も月に1つ程度。
春からは、入門コースで毎月、3句添削。
もう、添削されるたびに、くさったんですが(ーー;)
なんで~、そこを直すんだ~みたいな。
若いとか、新鮮とか(添削される方は、たぶん、60代、70代なんだと思う。毎回違う。)
言っていただけるんだけどね、それって、未熟ってことジャン。

最後は、コンクールで、一句だけ。

で~、コンクールの作品集が来た~
私の俳句の上に、入選マークが(*^0^*)
2000あまりの応募で、優秀、秀作、佳作と来て、入選は、300くらい。
なんだか、少しだけ報われた気がした。本当に、うれしかった。

添削は、未発表に限るとあるので、ここで、書くようなことは、すっかりしていなかったのですが。

コンクールは
平凡も 非凡もとなり 衣かつぎ

で、添削の最後にようやく花丸をもらった句が
遠ざかる おもいの海や 秋海棠

ちょっとだけ、気分のいい。夜長。
しし座流星群が見えるはずなのに~見えない空を眺めながら。
もっと、夜半じゃないと駄目?

| | Comments (2) | TrackBack (0)